写真:戸上隼輔・宮川昌大(野田学園高)/撮影:ラリーズ編集部

<天皇杯・皇后杯 2020年全日本卓球選手権大会(一般・ジュニアの部)1月13日~19日>

17日、全日本卓球選手権は男子ダブルス6回戦が終了し、ベスト4の精鋭が出揃った。戸上隼輔/宮川昌大(野田学園高)のインターハイ王者が水谷隼/大島祐哉(木下グループ)を破る活躍を見せた。

水谷/大島、高校生王者の勢い止められず




写真:水谷隼・大島祐哉(木下グループ)/撮影:ラリーズ編集部

1ゲーム目を10-12で落とした戸上/宮川ペアだったが、「自分たちのミスでの失点ばかり。ミスを減らせば通用すると思った」とそこから勢いを見せる。積極的な攻めで、水谷/大島は守り一辺倒に追い込み、そのまま3ゲームを連取。王座奪還を狙った水谷/大島を撃破し、ベスト4入りを決めた。

試合後、宮川は「正直厳しいかなと思っていた。相手が格上なので思い切ってやるだけと試合した」と振り返り、戸上は「この1試合勝つことで次に繋がっていく。ベスト4は確定したが金メダルを目指していきたい」と次戦以降への意気込みを語った。

一方、敗れた水谷は「勝ち上がるほど焦りも出る。守りに入ってしまった。五輪イヤーをいいスタートきれなかったのは残念。自分のプレーに自信が持てなかった。それは練習をやりこめば持てると思うので練習する」と敗因を分析した。大島も「相手が振り切ってきた。守り切るのはきつかった。こっちから攻めるべきだった」と反省点を述べた。

来年の全日本については「終わったばかりで来年はわからない」(水谷)、「来年は水谷さんに合わせる」(大島)と語った。




写真:江藤慧・松下大星(クローバー歯科カスピッズ)/撮影:ラリーズ編集部

「勝負どころの読みが当たった。球が綺麗で繋いでくるタイプだったので(自分多たちにとっては)やりやすかった」(松下)と振り返った江藤慧/松下大星(クローバー歯科カスピッズ)ペアが田添健汰/田添響(木下グループ)に打ち勝ち、4強入り。三部航平/及川瑞基(専修大)、笠原弘光/上村慶哉(シチズン時計)もベスト4に進出した。

男子ダブルス 準々決勝結果




写真:上村慶哉・笠原弘光(シチズン時計)/撮影:ラリーズ編集部

水谷隼/大島祐哉(木下グループ) 1-3 〇戸上隼輔/宮川昌大(野田学園高)
田添健汰/田添響(木下グループ) 0-3 〇江藤慧/松下大星(クローバー歯科カスピッズ)
〇三部航平/及川瑞基(専修大) 3-2 鹿屋良平/有延大夢(リコー)
〇笠原弘光/上村慶哉(シチズン時計) 3-1 池田忠功/宮本幸典(リコー)

文:ラリーズ編集部