写真:御内のカットを打ち抜いた大島祐哉(木下グループ)/撮影:ラリーズ編集部

<天皇杯・皇后杯 2020年全日本卓球選手権大会(一般・ジュニアの部)1月13日~19日>

全日本卓球選手権大会4日目、男子シングルス4回戦で第1シードの大島祐哉(木下グループ)が御内健太郎(シチズン時計)をゲームカウント4-2で下し、5回戦進出を決めた。

大島のベンチコーチには水谷隼




写真:大島祐哉(木下グループ)/撮影:ラリーズ編集部

前回大会準優勝、今大会は第1シードとして臨む大島は、スーパーシードの初戦となる4回戦でカットマンの御内と対戦した。「対カットそんなに苦手じゃない」と語る大島は持ち前の豪打で1ゲーム目を先取する。

「レシーブでうまくいかなかった」と御内の多彩なサーブに苦しみ、試合は接戦となる。ゲームカウント3-2で迎えた第6ゲーム、「フォアハンドでレシーブしたのが勝因」と大島が振り返ったように、レシーブからの展開をものにした大島が逃げ切り、5回戦進出を決めた。




写真:大島のベンチで指示を送る水谷隼/撮影:ラリーズ編集部

今回の大島の試合には、今大会シングルスに出場していない水谷隼(木下グループ)がベンチコーチに入った。「(木下グループ所属の田添健汰、田添響、大島祐哉の)3人とも一緒の時間だったんで、邱監督と話し合って僕のところには水谷さんが入ってくれることだったので、ありがたいなと入っていただきました」。

「『最後フォアでレシーブした方がいいよ』というのはいうのは水谷さんのアドバイス。6ゲーム目フォアハンドで、長いサーブを待ってレシーブして、短いサーブはフォアハンドで浮いてもいいからとのことだったので、思い切ってやった結果最後勝てた。本当に良いアドバイスで助けていただきました」とベンチコーチの水谷のアドバイスに感謝を述べた。




写真:大島祐哉(木下グループ)/撮影:ラリーズ編集部

大島は、11月に腰付近を手術し「今も100%の状態ではない」と万全ではないながらも全日本に出場している。「1球1球大切に。最後までやる体力と集中力。それが持てば良い勝負ができるんじゃないかと思ってます。もちろん出る以上優勝を目指します」と力強く宣言した。

続く5回戦で大島は、郡山北斗(リコー)と対戦する。前回大会で、張本智和(木下グループ)を破り決勝に進出。水谷に敗れたものの準優勝を勝ち取った大島の戦いぶりから目が離せない。

詳細スコア




写真:御内健太郎(シチズン時計)/撮影:ラリーズ編集部

〇大島祐哉(木下グループ) 4-2 御内健太郎(シチズン時計)
11-3/10-12/11-8/11-6/10-12/11-7

文:ラリーズ編集部