写真:森薗政崇(BOBSON)/撮影:ラリーズ編集部

<天皇杯・皇后杯 2020年全日本卓球選手権大会(一般・ジュニアの部)1月13日~19日>

16日、全日本卓球選手権大会4日目、男子シングルス4回戦に混合ダブルス3連覇を果たした森薗政崇(BOBSON)が登場。松浦佑紀(原田鋼業)をゲームカウント4-1で下し、5回戦へ駒を進めた。

ダブルスとの動きの違いに苦戦




写真:森薗政崇(BOBSON)/撮影:ラリーズ編集部

試合後、森薗は「あまりいい内容ではなかった。なかなか試合に入り込めてない気がした」と振り返った。今大会、伊藤美誠(スターツ)と組んだ混合ダブルスで優勝し3連覇を達成したが、すでに激戦を6試合戦い抜いており、疲労が蓄積しているとのこと。

さらに「ダブルスとシングルスでレシーブの入り方が全然違う。練習の時にそれに気づけたので、少し練習できて何とかすることができた。明日の試合前の調整で上手くやっていきたい」とダブルスとシングルスの動きの違いに苦戦したようだ。

具体的には「ダブルスは(レシーブが)ワンコースなので、どこまでも身体を入れられる。しかもパートナーがいるので、身体を捨てながら打てるが、シングルスの場合は戻らないといけない。それがここ5日間やってなかった筋肉の動かし方だから少し弱まっていると感じた」とダブルスならではの動きを説明した。




写真:森薗政崇(BOBSON)/撮影:ラリーズ編集部

また、12月末のTOP12では、左ひざを痛めサポーターをしていたが「今回はまだ痛みは出ていない。ケアの人にも付きっきりでいてもらって、アイシングもしてケアも万全」と状態も上向きのようだ。

昨年の全日本は5回戦で敗れ、悔しい思いをした森薗。17日の5回戦では松平賢二(協和キリン)を破り勢いに乗る曽根翔(愛工大名電高)と対戦する。

詳細スコア




写真:松浦佑紀(原田鋼業)/撮影:ラリーズ編集部

〇森薗政崇(BOBSON)4-1 松浦佑紀(原田鋼業)
11-7/11-9/9-11/11-4/11-7

文:ラリーズ編集部