写真:ドレッドヘアーで登場した森薗美月(木下グループ)/撮影:ラリーズ編集部

<天皇杯・皇后杯 2020年全日本卓球選手権大会(一般・ジュニアの部)1月13日~19日>

16日、全日本卓球選手権大会4日目、女子シングルス4回戦で森薗美月(木下グループ)が浅井一恵(桜丘高)をゲームカウント4-2で下し、5回戦進出を決めた。

ドレッドヘアーで登場した森薗美月




写真:森薗美月(木下グループ)/撮影:ラリーズ編集部

Tリーグ・木下アビエル神奈川でも活躍するプロ卓球選手・森薗。出身クラブの王子クラブでよく一緒に練習していた浅井との対戦については「本戦で当たるのは初めてだったので、緊張もあったが、楽しみも多かった」と対戦を心待ちにしていたことを明かした。

「彼女は、試合の中で攻撃マンになったりカットマンになったりと凄く多彩な(戦型の)選手。対策を練ってきたので、どれだけ出し切れるか楽しみだったが、実際に出し切ることが出来て、次に繋がったと感じます」と浅井のカットやスマッシュに苦戦しながらも勝利を掴んだ4回戦で手応えを得たようだ。

「途中で彼女が何してくるかわからなくて焦った場面も多くて、取られたゲームは、スマッシュされるのが嫌で焦って、基本的にレシーブで失点していた。取られたゲームの次に立て直すことができた」とレシーブに注意を払ったことを勝因としてあげた。




写真:金のドレッドヘアーは会場でよく目立つ/撮影:ラリーズ編集部

また、森薗は金髪のドレッドヘアーと一際目立つ髪型で今大会に臨んでいるが、全日本特別仕様というわけではないという。「寒くなってきたから今しかできないかなあと思って。前は腰まであった髪にアフロをかけて作りました。金髪みたいになっているのは、パーマをあてると色が飛ぶんで、染めたわけじゃないです(笑)」と笑顔で髪のこだわりを説明してくれた。

最後に今大会の目標について聞くと「目標はランク入り。石川(佳純)さんのところまで行けるように、とにかく目の前の1試合1試合を頑張りたい。次は(四天王寺高の)後輩の芝田(沙季)で、総合的に見て向こうが上だと思うんですけど、その中で自分の良いところを引き出しながら、相手の苦手なところ突いていく。絶対どこかに勝機はあると思うので1試合ずつ頑張りたい」と真剣な表情に戻り、力強く意気込みを語ってくれた。

森薗は、自身のSNSで卓球に関してだけでなく趣味の登山やファッションについても積極的に発信しており、ファンも多い。プロ卓球選手としてオンオフ両面でファンを魅了する森薗の全日本での戦いぶりから目が離せない。

詳細スコア




写真:森薗美月に迫った浅井一恵(桜丘高)/撮影:ラリーズ編集部

〇森薗美月(木下グループ) 4-2 浅井一恵(桜丘高)
11-6/6-11/12-10/12-10/8-11/11-6

文:ラリーズ編集部