写真:熊中理子(左)・三條裕紀(青山学院大)/撮影:ラリーズ編集部

<天皇杯・皇后杯 2020年全日本卓球選手権大会(一般・ジュニアの部)1月13日~19日>

16日、全日本卓球選手権は大会4日目を迎えた。女子ダブルス4回戦で、大学女王ペアの熊中理子/三條裕紀(青山学院大)ペアが、ゲームカウント0-2から逆転勝利を収め、ベスト16入りを決めた。

スーパーシードの難しさ 「1試合目だったので緊張した」




写真:熊中理子(左)・三條裕紀(青山学院大)/撮影:ラリーズ編集部

熊中/三條ペアは、2019年全日本大学総合卓球選手権大会(全日学)でダブルス女王に輝いた実力あるダブルスだ。今大会もスーパーシードとして登場した。

「相手は試合をやってきて、自分は1試合目だったので緊張して、1、2ゲーム目は力が全然出せなかった」と熊中が振り返ったように、今大会3試合目の菅澤柚花里/萩井菜津子(四天王寺高)に先に2ゲームを先取される。

スーパーシードならではの難しさから後がなくなった大学生女王ペアだったが、「自分が繋げば決めてくれるというのがあったので、安心してとりあえず入れようと思った」と熊中が安定したプレーを見せ、三條の思い切った攻めに繋げる。

熊中/三條ペアは最終ゲームも5-3リードから5-7と逆転されるが、最後は13-11と試合をひっくり返した。大学生女王の意地を見せ、高校生ペアを退けた熊中/三條ペアが、5回戦へ駒を進めた。

石川梨良のアドバイスは「安心感がすごくある」




写真:ベンチでは石川梨良がアドバイスを送った/撮影:ラリーズ編集部

試合後、三條は「すごく苦しかった。我慢してチャンスがあった時にしっかり2人で攻めていくことが出来たので、ちょっとの差で勝ててすごく安心してます。明日もあるんで(勝利の余韻に)浸らずに頑張りたい」と大逆転勝利の後も、すでに次の戦いに頭を切り替えていた。

逆転の口火を切った3ゲーム目からは「相手のフォアを攻めていこうと思い、速いボールだけでなくて遅いボールを入れて、相手のタイミングをずらすことができた」と熊中は、戦術を変更したことを明かした。

ベンチコーチとして入ったのは石川佳純(全農)の妹でもあり、青山学院大女子卓球部の前主将・石川梨良だ。「安心感がすごくある的確なアドバイス。声もしっかり出して応援もしてもらったので、もっと頑張らないと、という気にもなりました」と前主将・石川のアドバイスに感謝を述べた。

最後に今大会の目標を聞かれ「一昨年は16で終わってしまった。今年は強いペアと対戦するんですけど、思い切ってやって、ベスト8に入りたい」(熊中)、「ランク入りを目標に、表彰台も目指して頑張りたい」(三條)と力強く意気込んだ。

大学生女王ペアは、17日の5回戦で、松本優希/平侑里香(サンリツ)ペアとベスト8入りをかけて対戦する。

詳細スコア




写真:菅澤柚花里・萩井菜津子(四天王寺高)/撮影:ラリーズ編集部

〇熊中理子/三條裕紀(青山学院大) 3-2 菅澤柚花里/萩井菜津子(四天王寺高)
9-11/6-11/11-6/11-9/13-11

文:ラリーズ編集部