写真:森薗政崇(BOBSON)・伊藤美誠(スターツ)/撮影:ラリーズ編集部

<天皇杯・皇后杯 2020年全日本卓球選手権大会(一般・ジュニアの部)1月13日~19日>

16日、全日本卓球選手権大会4日目、混合ダブルス準決勝が行われ、3連覇を狙う森薗政崇(BOBSON)/伊藤美誠(スターツ)ペアが勝利し決勝に駒を進めた。

軽部/松本ペアを圧倒しストレート勝ち




写真:森薗政崇(BOBSON)・伊藤美誠(スターツ)/撮影:ラリーズ編集部

今大会、森薗/伊藤ペアは、3回戦、準々決勝とゲームカウント3-2のフルゲームまでもつれ込む試合を経験し、盤石ではないながらも準決勝まで勝ち上がってきた。

しかしながら準決勝では、前回大会ベスト8の軽部隆介(鹿児島相互信用金庫)/松本優希(サンリツ)ペアに対し、森薗の粘り強さと伊藤の安定感が上手くマッチし、3-0のストレート勝ちを収めた。

勝利した森薗/伊藤ペアは、3連覇をかけて本日12時15分からの決勝戦に臨む。

詳細スコア




写真:軽部隆介(鹿児島相互信用金庫)・松本優希(サンリツ)/撮影:ラリーズ編集部

〇森薗政崇(BOBSON)/伊藤美誠(スターツ) 3–0 軽部隆介(鹿児島相互信用金庫)/松本優希(サンリツ)
11-6/11-8/11-6

文:ラリーズ編集部