写真:田添健汰(右)と田添響(ともに木下グループ)/撮影:ラリーズ編集部

15日、全日本卓球選手権の男子ダブルス3回戦が行われ、田添健汰/田添響ペアを始めとする16組が4回戦へ駒を進めた。16日に行われる4回戦からは前年度準優勝の松山祐季/髙見真己(愛知工業大)ペア、前々年王者の水谷隼/大島祐哉(木下グループ)ペアを始めとしたスーパーシードが登場する。

田添兄弟ペアが快勝で3回戦を突破




写真:田添健汰(右)と田添響(ともに木下グループ)/撮影:ラリーズ編集部

ノーシードながらも実力あるペアとして注目を集めていた田添兄弟ペアが、力のある大学生・内村秀平/内村英司(日本体育大)ペアを寄せ付けず、ストレート勝ちで3回戦を突破した。田添兄弟は次の4回戦で今大会第1シードの松山/髙見ペアと対戦する予定。

16日からはスーパーシード16組が登場するため、よりハイレベルな対戦が繰り広げられる。水谷が男子ダブルスで優勝すれば、過去最多となる8度目の優勝の大記録となる。水谷/大島ペアの初戦にも注目が集まる。

男子ダブルス3回戦の結果

◯田添健汰/田添響(木下グループ) 3-0 内村秀平/内村英司(日本体育大)

◯川島勇樹/水谷良紀(JR北海道) 3-0 下山優樹/中村廉(原田鋼業)

◯吉田勝紀/大野聖弥(遊学館高) 3-0 大田耕平/櫻井勇治(TTC浦和・土合)

◯横谷晟/小林広夢(愛工大名電高) 3-2 田中博己/皆川朝(日野自動車(株))

◯中ノ瀬聡汰/田中侑人(愛知工業大) 3-0 立松圭祐(立松卓球スクール)/吉田和也(神戸TC)

◯中橋敬人(駒澤大)/星翔太(専修大) 3-2 篠塚大登/谷垣佑真(愛工大名電高)

◯阿部悠人/杉本和也(希望が丘高) 3-2 松浦佑紀/中林滉貴(原田鋼業)

◯定松祐輔/藤本海統(日鉄物流ブレイザーズ) 3-0 村田聖/熊本竜己(筑波大)

◯鈴木颯/吉山僚一(愛工大名電中) 3-1 田中雄仁(育英高職員)/西野伊織(龍谷大)

◯吉村和弘/坪井勇磨(東京アート) 3-1 硴塚将人/緒方遼太郎(早稲田大)

◯吉田大輔/弓取眞貴(中央大) 3-1 高須航(愛工大名電高)/福澤勇太(杜若高)

◯遠藤竜馬/深沢大陽(明治大) 3-1 鈴木俊光((株)栃木銀行)/鈴木誠(大田原市シルバー人材センター)

◯岡田崚/滝澤拓真(岡谷市役所) 3-1 中村祥吾/中村謙吾(リトルキングス)

◯笠原弘光/上村慶哉(シチズン時計) 3-0 今泉蓮/加藤翔(野田学園高)

◯加山裕/曽根翔(愛工大名電高) 3-0 白土星雅(大阪経済法科大)/福本卓朗(関西大)

◯中野優(法政大)/上村太陽(専修大) 3-0 藤田哲弘(豊田町スポ少)/藤田将弘(浜松磐田信用金庫)

文:ラリーズ編集部