写真:森薗政崇(BOBSON)・伊藤美誠(スターツ)/撮影:ラリーズ編集部

<天皇杯・皇后杯 2020年全日本卓球選手権大会(一般・ジュニアの部)1月13日~19日>

15日、全日本選手権(以下、全日本)混合ダブルス準々決勝が行われ、ベスト4が出揃った。前年度優勝の森薗政崇(BOBSON)/伊藤美誠(スターツ)ペアと前年度準優勝の張本智和(木下グループ)/長﨑美柚(JOCエリートアカデミー/大原学園)ペアがそれぞれ勝ち残った。

混合ダブルス準決勝の対戦カード




写真:張本智和(左・木下グループ)と長﨑美柚(JOCエリートアカデミー/大原学園)/提供:ラリーズ編集部

3連覇を目指す森薗/伊藤ペアは、準決勝で軽部隆介(鹿児島相互信用金庫)/松本優希(サンリツ)ペアと対戦する。一方の張本/長﨑ペアは前回大会ベスト4の上村慶哉(シチズン時計)/阿部愛莉(デンソー)ペアと激突する。

森薗/伊藤ペアは準々決勝で硴塚将人(早稲田大)/森田彩音(中央大)の大学生ペアにフルゲームまで追い詰められており、張本/長﨑ペアも3回戦で関西学院大学のペアとフルゲームまでもつれるなど、両ペアとも大学生ペアに今大会は苦しめられた。

16日の準決勝ではどのような戦いが繰り広げられるのか。熱戦続きの混合ダブルス、優勝を掴み取るのはどのペアか。

混合ダブルス準々決勝の結果




写真:軽部隆介(鹿児島相互信用金庫)・松本優希(サンリツ)/撮影:ラリーズ編集部

○森薗政崇(BOBSON)/伊藤美誠(スターツ)3-2 硴塚将人(早稲田大)/森田彩音(中央大)
13-15/11-7/7-11/11-3/11-7

○軽部隆介(鹿児島相互信用金庫)/松本優希(サンリツ)3-2 渡井丈人士(駒澤大)/小道野結(デンソー)
4-11/11-9/11-6/10-12/11-5




写真:上村慶哉(シチズン時計)・阿部愛莉(デンソー)/撮影:ラリーズ編集部

○上村慶哉(シチズン時計)/阿部愛莉(デンソー)3-2 松山祐季(愛知工業大)/平野容子(豊田自動繊機)
6-11/11-9/3-11/11-4/11-8

○張本智和(木下グループ)/長﨑美柚(JOCエリートアカデミー/大原学園)3-1 松下大星(クローバー歯科カスピッズ)/梅村優香(中央大)
11-9/11-5/5-11/11-7

文:ラリーズ編集部