写真:赤江夏星(貝塚第二中)/撮影:ラリーズ編集部

<天皇杯・皇后杯 2020年全日本卓球選手権大会(一般・ジュニアの部)1月13日~19日>

15日、全日本卓球選手権大会3日目、ジュニア女子シングルスでベスト16が決定した。第1シードの出澤杏佳(大成女子高)が本井明梨(四天王寺高)に敗れる波乱があった。また、注目の張本美和(木下グループ)は小塩遥菜(JOCエリートアカデミー)に苦杯を喫した。

地元大阪勢が上位を席巻




写真:前年度女王を下した本井明梨(四天王寺高)/撮影:ラリーズ編集部

ベスト16が出そろったジュニア女子シングルスは、四天王寺高、香ヶ丘リベルテ高、貝塚第二中、ミキハウスJSCの大阪代表が、16人中12人を占める結果となった。




写真:東川陽菜(貝塚第二中)/撮影:ラリーズ編集部

昨年優勝の第1シード・出澤はインターハイダブルス優勝の本井(四天王寺高)に、第4シードの木塚陽菜(済美高)は東川陽菜(貝塚第二中)にそれぞれ敗れるなど、地元大阪勢が上位を席巻している。日本生命レッドエルフからTリーグにも参戦する赤江夏星(貝塚第二中)も勝ち残っている。

5回戦以降は、国際大会でも結果を残している小塩遥菜、木原美悠(ともにJOCエリートアカデミー)らが地元大阪勢に対抗する形となる。

ジュニア女子シングルス4回戦結果




写真:中森帆南(四天王寺高)/撮影:ラリーズ編集部

出澤杏佳(大成女子高) 0-3 〇本井明梨(四天王寺高)

香取位圭(正智深谷高) 0-3 〇麻生麗名(香ヶ丘リベルテ高)

岡田琴菜(明徳義塾) 1-3 〇原田 夏鈴(横浜隼人高)

張本美和(木下グループ) 1-3 〇小塩遥菜(JOCエリートアカデミー)

〇横井咲桜(ミキハウスJSC) 3-1 森愛美(愛み大瑞穂高)

門阪彩愛奈(浜松修学舎高) 0-3 〇中森帆南(四天王寺高)

山﨑唯愛(明誠U15) 1-3 〇村上宝(香ヶ丘リベルテ高)

〇東川陽菜(貝塚第二中) 3-1 木塚陽菜(済美高)

〇木原美悠(JOCエリートアカデミー) 3-1 甲斐萌夏(愛み大瑞穂高)

白山亜美(明徳義塾)0-3 〇菅澤柚花里(四天王寺高)

中田絵梨奈(愛み大瑞穂高) 0-3 〇杉田陽南(香ヶ丘リベルテ高)

遠山美涼(星野高) 1-3 〇赤江 夏星(貝塚第二中)

花井可奈(武蔵野中高) 1-3 〇大川真実(四天王寺高)

福岡乃愛(三田学園高) 0-3 〇川北 帆香(正智深谷高)

〇髙橋あかり(四天王寺高) 3-1 小畑美月(横浜隼人高)

森廣伽衣(福井商業高)0-3 〇大藤沙月(ミキハウスJSC)

文:ラリーズ編集部