こんにちは。スポトウ硬式野球班歴代でトップの体重を誇るであろう3年の齋藤です。神宮球場で私を見かけた皆さん、いつも大きく邪魔だったでしょう。申し訳ありませんでした。今年からはスーツを着てカメラ席に座ることがないと思うと寂しいです。

   さて、最後のコラムということで、何を書くか迷いました。だから投稿が遅れました(半分言い訳ですごめんなさい)。 他の同期のように感動的なコラムは書けませんが、なんとか綴ろうと思います。


 まずは、スポトウに加入して得たものについて書きます。ありきたりですね。大まかに3つあります。

1つめは、コミュニケーション能力の向上ですね。選手の表情を見て質問の仕方を変えたり、本音を引き出すにはどうすればいいか考えたり。そんな試行錯誤を重ねるうちに身についたと思います。きっとこの能力は今後も武器になると思うので、磨き続けます。


2つめ、野球の見方が変化しました。東都大学野球リーグという、日本屈指のリーグでプレーする選手の皆さんと接することで、トップクラスはこう考えてるんだと吸収できました。それを他のカテゴリーで見る時も意識すると、また違った楽しさがあるんです。簡単に言えば野球オタクが進行したということです(笑)。


3つめは様々な縁があったこと。お世話になった皆様、同期、後輩と出会えたことですね。そんな縁が広がり、面白い繋がりができたりして今がとても楽しいです。今後もよろしくお願いします。


   そんなこんなで、2年間あっという間でした!物理的にも心理的にも重い腰を上げて加入したスポトウ。後悔はないと言いたいところですが、最後の神宮球場での取材で泣くことが出来ませんでした。どこか、「もっと出来たのではないか」という気持ちがそうさせたのかもしれません。もう同じ失敗は繰り返したくないので、今年の目標をこう定めました。就活がある大事な年の目標です。


「とりあえず動いてみる」


です。貪欲に行動するトレーニングはもちろん、体重を減らす意味でもですね(笑)。ここで宣言しますので、出来てないじゃん!ってなったらすぐLINEなりなんなりで教えてください。さらに、これからは毎年何らかの成長を遂げます!という意味で


「全盛期は常に未来」


この言葉を胸に行動します!



最後に

東洋大学硬式野球部、そしてOBの皆様をずっと応援しています。全国の猛者を「撃砕」し、校歌や第一応援歌を全力で歌える日、東京ドームで黒獅子旗を掲げる姿、日本シリーズで大活躍する姿、心待ちにしております!そして、学生記者生活でお世話になった全ての皆様にお礼申し上げます。本当にありがとうございました!

東洋〜東洋〜我らが東洋〜!



執筆者が大好きな三塁側カメラ席からの写真

この試合が最後の取材となった。