サッカー王国・静岡県が高校サッカー男女の王者に輝いた。

13日、第98回全国高校選手権大会の決勝が埼スタで開催され、静岡学園が3-2で青森山田を下し、24年ぶり2度目の優勝を飾った。初の単独優勝という快挙も成し遂げている。

選手権前日の12日、第28回全日本高等学校女子サッカー選手権大会の決勝が、ノエビアスタジアム神戸で行なわれ、藤枝順心(静岡)が1−0で神村学園(鹿児島)を下し、2大会ぶり4度目の優勝を果たした。

1992年以降、男女でアベックVとなったのは、3度目。2004年の男子・鹿児島実と女子・神村学園の鹿児島県、2010年の男子・滝川二と女子・日ノ本学園の兵庫県に続いて、9年ぶり3度目の快挙となる。

文/スポーツブル 編集部