日本財団パラリンピックサポートセンター(パラサポ)は、パラスポーツのフリーマガジン「GO Journal ISSUE 04」を1月22日(水)に発刊する。

「GO Journal ISSUE 04」は、写真家、映画監督の蜷川実花氏がクリエイティヴ・ディレクションするグラフィックマガジンの最新号(4号)だ。アスリートのインタビューを中心に構成しており、アート、ファッション、カルチャーを切り口にパラスポーツとパラアスリートの魅力に迫る。

最新号には、リオパラリンピックに出場した車いすバスケットボールの鳥海連志選手と、トライアスロンの秦由加子選手が蜷川氏の撮り下ろしで登場。また、東京大会で新競技として採用されたテコンドーの星野佑介選手を名越啓介氏が撮影。高校生アスリートの日常を切り取っている。

その他、アスリートの特集ページ、重度障がい者向けの分身ロボットを開発した吉藤オリィ氏、目で読める墨字と指で読める点字が一体になったユニバーサルな書体を開発した高橋鴻介氏のインタビューも掲載する。

25,000部発行。A3タブロイド判、56ページ。全国で配布する。また、発刊を記念して、 渋谷スクランブルスクエア7階イベントスペース「LX7」にて1月22日(水)~2月4日(火)まで「GO Journal in SHIBUYA」を出展する。入場無料。会場では、最新号の配布を行う(無料)。

パラスポーツとパラアスリートの魅力に迫るフリーマガジン「GO Journal」4号発刊

パラスポーツとパラアスリートの魅力に迫るフリーマガジン「GO Journal」4号発刊

パラスポーツとパラアスリートの魅力に迫るフリーマガジン「GO Journal」4号発刊

パラスポーツとパラアスリートの魅力に迫るフリーマガジン「GO Journal」4号発刊

パラスポーツとパラアスリートの魅力に迫るフリーマガジン「GO Journal」4号発刊

パラスポーツとパラアスリートの魅力に迫るフリーマガジン「GO Journal」4号発刊

パラスポーツとパラアスリートの魅力に迫るフリーマガジン「GO Journal」4号発刊

パラスポーツとパラアスリートの魅力に迫るフリーマガジン「GO Journal」4号発刊

パラスポーツとパラアスリートの魅力に迫るフリーマガジン「GO Journal」4号発刊

パラスポーツとパラアスリートの魅力に迫るフリーマガジン「GO Journal」4号発刊

パラスポーツとパラアスリートの魅力に迫るフリーマガジン「GO Journal」4号発刊

パラスポーツとパラアスリートの魅力に迫るフリーマガジン「GO Journal」4号発刊

パラスポーツとパラアスリートの魅力に迫るフリーマガジン「GO Journal」4号発刊

パラスポーツとパラアスリートの魅力に迫るフリーマガジン「GO Journal」4号発刊

パラスポーツとパラアスリートの魅力に迫るフリーマガジン「GO Journal」4号発刊

パラスポーツとパラアスリートの魅力に迫るフリーマガジン「GO Journal」4号発刊

パラスポーツとパラアスリートの魅力に迫るフリーマガジン「GO Journal」4号発刊

パラスポーツとパラアスリートの魅力に迫るフリーマガジン「GO Journal」4号発刊

パラスポーツとパラアスリートの魅力に迫るフリーマガジン「GO Journal」4号発刊

パラスポーツとパラアスリートの魅力に迫るフリーマガジン「GO Journal」4号発刊