1月3日、男子テニスの新しい国別対抗戦「ATPカップ」(オーストラリア・ブリスベン、パース、シドニー/1月3日~12日/ハードコート)が開幕し、いよいよ2020年シーズンがスタート。

大会初日は地元の20歳アレックス・デミノー(オーストラリア)が、先輩ニック・キリオス(オーストラリア)を思わせるような軽やかなカウンターショットを見せるなどし、熱い戦いを繰り広げた。「グループF」の地元オーストラリア対ドイツ。オーストラリアはキリオスが第1試合をストレートでものにしたあと、同国のNo.1選手であるシングルス世界18位デミノーが、同7位のアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)を初撃破。

結果的には地元観衆の前で3試合全勝し、大きな初戦白星を挙げた。

一方、敗れたズベレフはフラストレーションのあまり、ドイツのレジェンドであるボリス・ベッカー(ドイツ)の目の前で何度もラケットを叩きつけて破壊する場面もあった。

同じく「グループF」。世界15位デニス・シャポバロフ(カナダ)や世界21位フェリックス・オジェ アリアシム(カナダ)を擁するカナダが、世界6位ステファノス・チチパス(ギリシャ)のいるギリシャに勝利。

No.2選手同士の第1試合シングルスでオジェ アリアシムが1勝目を挙げると、続くNo.1選手同士の第2試合シングルスでシャポバロフがチチパスを撃破。オジェ アリアシムとシャポバロフは第3試合ダブルスでも勝利し、カナダは最高の白星スタートを見せた。

また「グループD」。昨年大活躍のダニール・メドベージェフ(ロシア)やカレン・ハチャノフ(ロシア)を擁するロシアは、ファビオ・フォニーニ(イタリア)擁するイタリアに3試合全勝を挙げ、初戦快勝した。

◇   ◇   ◇

◆「ATPカップ」のフォーマット

2020年に新設された、24ヵ国が競い合う男子テニスの国別対抗戦「ATPカップ」。まず4ヶ国ずつ6組に分かれ、ブリスベン、パース、シドニーの3都市でグループステージを戦う。各国の対戦はシングルス2試合とダブルス1試合が行われ、先に2勝したチームの勝利。

そして、各組で1位となった6ヵ国と、各組2位の中で最も成績の良い2ヵ国の合計8ヵ国がシドニーで行われる決勝トーナメントに進出する。

【1月3日 主な試合結果】

◆「ATPカップ」

グループリーグ「グループF」

ギリシャ(1敗) 0-3 カナダ(1勝)

第1試合:No.2シングルス

●Michail Pervolarakis(ギリシャ)1-6、3-6 〇フェリックス・オジェ アリアシム(カナダ)

第2試合:No.1シングルス

●ステファノス・チチパス(ギリシャ)6(6)-7、6(4)-7 〇デニス・シャポバロフ(カナダ)

第3試合:ダブルス

●Michail Pervolarakis(ギリシャ)/ステファノス・チチパス(ギリシャ)2-6、3-6 〇フェリックス・オジェ アリアシム(カナダ)/デニス・シャポバロフ(カナダ)

グループリーグ「グループF」

ドイツ(1敗) 0-3 オーストラリア(1勝)

第1試合:No.2シングルス

●ヤン レナード・ストルフ(ドイツ)4-6、6(4)-7 〇ニック・キリオス(オーストラリア)

第2試合:No.1シングルス

●アレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)6-4、6(3)-7、2-6 〇アレックス・デミノー(オーストラリア)

第3試合:ダブルス

●ケビン・クラウィーツ(ドイツ)/アンドレアス・ミース(ドイツ)3-6、4-6 〇クリス・グッチオーネ(オーストラリア)/ジョン・ピアース(オーストラリア)

グループリーグ「グループD」

ロシア(1勝) 3-0 イタリア(1敗)

第1試合:No.2シングルス

〇カレン・ハチャノフ(ロシア)7-5、6-3 ●ステファノ・トラバグリア(イタリア)

第2試合:No.1シングルス

〇ダニール・メドベージェフ(ロシア)1-6、6-1、6-3 ●ファビオ・フォニーニ(イタリア)

第3試合:ダブルス

〇カレン・ハチャノフ(ロシア)/ダニール・メドベージェフ(ロシア)6-4、6-3 ●シモーネ・ボレッリ(イタリア)/パオロ・ロレンツィ(イタリア)

(テニスデイリー編集部)

※写真は「ATPカップ」でのデミノー

(Photo by Bradley Kanaris/Getty Images)