[Bellator × RIZIN 対抗戦をDAZN for docomoでライブ中継]

 2019年12月29日にさいたまスーパーアリーナで「BELLATOR JAPAN(ベラトール ジャパン)」が行われ、往年の名選手から世界が注目するニュースターまでもがアツい戦いを繰り広げる。日本初開催となるBELLATORについて、日本人初のBELLATOR王者(2019年11月に自身の怪我のためBELLATOR世界バンタム級王者を返上)の堀口恭司選手にその魅力を聞いた。

堀口:「何と言っても、メインは(エメリヤーエンコ・)ヒョードルとクイントン・『ランペイジ』・ジャクソンの一戦ですけど、他にも注目カードが目白押しですね」。


マイケル・チャンドラー vs シドニー・アウトロー

堀口:「BELLATORの本当にトップどころの選手を持ってきましたね。正直、日本で行う初めての大会で、これだけ力を入れてくるとは思っていなかったです。そのくらいBELLATORを代表する選手です。
マイケル・チャンドラー選手は元BELLATORチャンピオンで、すごく強い選手。レスリングベースですが打撃もできる、なんでもできる選手です。
シドニー・アウトロー選手は自分と同じATT(アメリカン・トップチーム)の所属で、すごく寝技が得意。彼の寝技を見ていると、本当にすごいなと思います。寝技師ですね。急遽、ベンソン・ヘンダーソン選手の代わりに出場することになりましたが、勝てばすごくいい位置に行けると思うので。シドニーも9連勝中なので、すごくいいチャンスだと思います。これもすごくおもしろい試合になると思いますよ」。


・今すぐ読みたい→
堀口恭司が少年時代に見た「皇帝・ヒョードル」、その魅力とは?(https://cocokara-next.com/athlete_celeb/kyojihoriguchi-serialization-40/)

マイケル・『ヴェノム』・ペイジ vs 安西信昌

堀口:「マイケル・『ヴェノム』・ペイジはめちゃくちゃ強くてトリッキー。手足が長くて身長も高く、打撃が得意な選手。パフォーマンスもすごくて、挑発とか、相手をおちょくったりしていますね。安西選手は寝技の得意な選手。打撃もドンドンいって、寝技もすごい」。

振り返る自身のBELLATOR王座奪還秘話


堀口:「自分が今年の6月にマディソン・スクエア・ガーデンで戦ったダリオン・コールドウェルとのBELLATOR世界バンタム級タイトルマッチを振り返ると、試合内容的にはずっとタックルを受けて、金網際でコツコツコツコツやっていた印象しかないです(苦笑)。初めて出たBELLATORの試合でしたが、UFCでもRIZINでも、どこでやっても気持ちは変わらないですね。
ただ強いて言うなら、BELLATORは海外の団体だなとは思いました。やっぱり観客の声援とかブーイングとか、そう言うところで、海外で試合をしているなとは思いましたけど、、いざ試合に入ったらどこでも変わらないですね。正直、今年に入ってからずっと体がなんか変だなと思いながらやっていたので、あの時期には腰も膝もボロボロでした。でも、試合が決まっているので、『やるしかない』という思いでした。今となってはもう何も持っていない、ベルトも持っていない、ただの一ファイター。自分は挑戦することが好きなので、それでいいんじゃないかなと思っています。しっかりと怪我を治して、またベルトを巻けるように挑戦します」。


 BELLATOR JAPANは12月29日12時からさいたまスーパーアリーナで行われる。現地観戦に行けない人は、DAZN等で観戦を!

[Bellator × RIZIN 対抗戦をDAZN for docomoでライブ中継]

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

[文/構成:ココカラネクスト編集部]

・今すぐ読みたい→
堀口恭司が少年時代に見た「皇帝・ヒョードル」、その魅力とは?(https://cocokara-next.com/athlete_celeb/kyojihoriguchi-serialization-40/)