2020年1月1日(水)に開催される「ニューイヤー駅伝inぐんま~第64回全日本実業団対抗駅伝競走大会~」にて、駅伝選手の位置情報のテレビ配信がほぼリアルタイムで行われる。

駅伝選手の位置情報のテレビ配信は、西日本電信電話(NTT西日本)、TBSテレビ、日本実業団陸上競技連合(実業団連合)、エヌ・ティ・ティ・ブロードバンドプラットフォーム(NTTBP)により、全区間で実施。NTTグループが研究開発を進めてきた小型・軽量GPSデバイス(カード型チップ)による選手位置情報の可視化技術を活用し、TBSテレビ・実業団連合との連携によってほぼリアルタイムにテレビへ配信する。

カード型チップは、選手のナンバーカードに装着。選手の位置情報を受信し、出場37チームの順位をTBSテレビのテレビ番組「ニューイヤー駅伝2020」のデータ放送画面にほぼリアルタイムに表示する。選手の負担にならない小型・軽量のGPSデバイスを活用したロードレースのライブ中継は、初めての試みとなる。選手の位置情報は、大会関係者向けのWebサイトにも配信されるため、大会関係者は実際の地図を用いてほぼリアルタイムな位置を確認できる。

今後、選手の位置情報のデータ収集間隔を短縮し、位置情報表示の高精度化を目指す。また、駅伝競走大会で培った技術・ノウハウをもとに、他のロードレースでの展開に向けた検討を進めていく。