「何か挑戦的なことをして歴史を作りたい」

“東京大学”で箱根駅伝に出場することに意味がある。2020年1月、第96回箱根駅伝で関東学生連合チームの主将を務める阿部飛雄馬(4年)は自らの力でその道を切り開いてきた。誰も歩んだことのない道を歩むために、文武両道で目標を達成していく過程は決して簡単なものではなかった。箱根路に歴史を刻むために貫いた信念、その輝きを記録する。