IBF世界フライ級タイトルマッチが12月23日に横浜アリーナで行われ、元3階級制覇王者の八重樫東が王者のモルティ・ムザラネに挑み、9ラウンド2分54秒TKO負けを喫した。

・今すぐ読みたい→
堀口恭司、村田諒太&八重樫東の世界戦を観戦「気持ちの強い選手が…」(https://cocokara-next.com/athlete_celeb/kyojihoriguchi-serialization-39/)

「最後までチャレンジャーでいたい」

 村田諒太、八重樫東、寺地拳四朗のトリプル世界戦として行われたタイトルマッチ。国内男子で最年長となる36歳10か月での世界王座獲得を目指した八重樫だったが、同学年37歳の王者ムザラネに力及ばなかった。

八重樫は2017年に3度目の防衛をかけて挑んだIBF世界ライトフライ級タイトルマッチで1回TKО負けを喫し、王座から陥落していた。「激闘王」の名に相応しく、倒し、倒され激闘を重ねてきたボクシング人生だが、来年の2月で国内規定では定年の37歳。限界説もささやかれていたが、「最後までチャレンジャーでいたい」「最後の挑戦。だからこそ命をかけて勝負しにいける」と背水の陣で挑む2年半ぶりの世界戦だった。

相手はWBSSバンタム級決勝で「モンスター」井上尚弥と死闘を繰り広げたノニト・ドネアとの対戦経歴もあるV2王者のムザラネ。中盤までは互角の戦いだったが、8ラウンドに八重樫がボディーをくらうとそこから防戦一方、9ラウンドにレフェリーがストップを告げた。

「八重樫さんらしい激闘でした」

ベルト獲得とはならなかったが、顔を腫らしながら、何度打ち込まれても逃げることなく立ち向かう八重樫のファイトに、会場中から「東コール」が湧き起こり、リングをあとにする背中には温かい拍手が送られた。

試合後のインタビューでは、「もらわないように必死にやっていた。しょうがないと思うが、力不足。楽しかったですし、充実していた。自分のやれることをやってきたつもり」と振り返り、注目される進退については「今は何も言えないが、そういうのも考えなきゃいけない。のんびり考えます」と明言を避けた。

試合を見届けた同ジムの井上尚弥は「内容は八重樫さんらしい激闘でした。結果がついてこなかったですが、ボクシング人生に悔いが残らないように、あとは八重樫さんの判断に任せたいと思います」とコメント。試合後は控え室で言葉を交わし、「八重樫さんは目が痛いと言っていました(笑)。僕は八重樫さんらしいですねと声をかけました。ボクシング人生に悔いを残らないで欲しいですね」と、先輩をねぎらった。

[文/構成:ココカラネクスト編集部]

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

・今すぐ読みたい→
堀口恭司、村田諒太&八重樫東の世界戦を観戦「気持ちの強い選手が…」(https://cocokara-next.com/athlete_celeb/kyojihoriguchi-serialization-39/)

井上 尚弥 (いのうえ・なおや)

1993年4月10日、神奈川県座間市出身。
今もコンビを組む父・真吾氏の下、小学1年でボクシングを始める。相模原青陵高校時代に7冠を達成し、2012年に大橋ジムからプロ入り。戦績19戦全勝(16KO)。15年に結婚した高校時代の同級生との間に17年10月、長男が誕生した。