24日、日本相撲協会は大相撲初場所の番付を発表した。2場所連続44回目の優勝を狙う白鵬は4場所ぶりに東に就いた。2場所連続で2桁白星を挙げた朝乃山は新関脇に昇進した。高安が大関から陥落し、豪栄道は9度目の角番となる。十両以上の番付は次のとおり。 

(東) (西) 

【横綱】 
白鵬 鶴竜 

【大関】 
貴景勝 豪栄道 

【関脇】 
朝乃山 高安 

【小結】 
阿炎 大栄翔 

【前頭】 
遠藤(一)妙義龍 
北勝富士(二)御嶽海 
玉鷲(三)琴勇輝 
隠岐の海(四)正代 
明生(五)炎鵬 
宝富士(六)栃ノ心 
松鳳山(七)阿武咲 
碧山(八)竜電 
隆の勝(九)豊山 
佐田の海(十)石浦 
千代大龍(十一)輝 
剣翔(十二)千代丸 
琴奨菊(十三)琴恵光 
照強(十四)志摩ノ海 
東龍(十五)勢 
栃煌山(十六)魁聖 
霧馬山(十七)徳勝龍 

【十両】 
友風(一)千代翔馬 
琴ノ若(二)英乃海 
大翔丸(三)木﨑海 
錦木(四)水戸龍 
若隆景(五)大翔鵬 
大奄美(六)翔猿 
逸ノ城(七)矢後 
旭大星(八)琴勝峰 
旭秀鵬(九)天空海 
蒼国来(十)貴源治 
豊ノ島(十一)彩 
朝玉勢(十二)美ノ海 
千代鳳(十三)照ノ富士 
豊昇龍(十四)魁