第3回に登場したのは、今年から出場機会が増えた2年生の3人。DF住友愛斗(教2=東京・早実)、DF大塚脩世(スポ2=長野・佐久長聖)の2人はプレータイムがなかった昨季から一転、リーグ戦ほとんどの試合に出場した。GK村上隼斗(スポ2=北海道・駒大苫小牧)もリーグ2巡目の中大戦で先発出場。大事な一戦を任され、勝利に貢献した。それぞれ躍進を遂げたリーグ戦の振り返りをしていただいた。

※この取材は12月14日に行われたものです。

「コンディション次第では十分、上位校と戦える実力はある」(大塚)


大塚

――まずはリーグ戦の振り返りをしていただきます。3位という結果はいかがでしたか

住友 結果的には3位だったんですけど、昨年も2位でしたし、2年連続で優勝争いができたっていうのは自信につながったといか、このチームが強いんだなと認識させられたという印象です。自分たちでは昨年もそうでしたし、あまり強いと思ってなくて、昨年は慶応にも負けましたし、今年はそういう下4つのチームにしっかり2周勝ち切れたことも良かったし、最後に勝てば優勝というところまでこれたのが、思っている以上にできるんだなという自信につながったと思います。

村上自分たちが入学してから2年連続で、上位リーグで争えたのはすごく光栄なことで、完全に下級生の意見になってしまうんですけど、昨年1位を走ってきて最後に負けて2位。今年は一度も1位を取れないまま、3位という結果になってしまって、違う悔しさというかそういうのも2回味わえたので、来年はいい結果が出るのかなと思っています。

大塚 僕は昨年も今年も決勝リーグに行けて、下4チームにしっかり勝ち切ることができれば、上位リーグには食い込むことができるし、その中で上位のチームとうまく戦うことができたら、勝ちも取れるし逆に下手したら下のチームに負けそうになってしまうこともあるんだなというのを実感しました。その中で3位を取れたというのは、良かったんじゃないかと思います。

――勝てば優勝というところで、明大に負けてしまいました。その点についてはいかがですか

住友 やっぱり明治の勝負強さに圧倒されて、自分たちの勝負弱さが顕著に出た試合だったと思います。

村上 完敗ですね。

住友 1次リーグも0-5で負けたんですけど、内容としてはそれと一緒だったという印象です。

大塚 勝てば優勝、負けたら3位という状況であっちの方が場慣れしているというのもありましたし、結局2ピリまでは0-1で抑えてましたけど、3ピリで3失点して最後まで粘れないところが出てしまったと思います。

――上位3校との差はどんなところだと考えていますか

住友 自分たちはどんな相手にも一生懸命やらないと勝てない。下4つにもいい試合をしちゃうチームだなというところで、他の3つは一生懸命やらなくても個々のスキルが高いので、下4つに対しても勝つし実力差が出るんですけど、自分たちとやる時とに自分たちが一生懸命やらないと、本当に大差が開いてしまうと思うし、一生懸命やっても明大に対しては負けましたし、その3つとは自分たちは一生懸命やらないと負けちゃうチームだなと思います。

村上 上位3校と圧倒的に違うのは、スキルプレーヤーの数ですね。愛斗が言ったように、早稲田らしい泥臭いプレーが60分間できないと、いいホッケーが見せられないので、そこがやっぱり一番かな。一瞬でも気を抜けばすぐ負けてしまうところかなと思います。

大塚 スキルが一番違うと思っていて、逆に言ったら自分たちが走り勝つホッケーをしていれば、中央とかにも勝つこともできるし、それができなかった瞬間に崩れてしまうというのが自分たちのもろさというか、スキルが無い分、走らなければいけないところを、走らなかったらカバーできないというのが上位校との違いだと思います。

――今季のリーグ戦のチームとしての課題と収穫は

住友 自分たちはまずやればできるんだ、きちんとやれば強いんだということは自覚できたのが収穫だと思います。むっちが一回中央戦でフル出場して勝てたというのも、個人的にはすごく良かったことだと思います。キーパーがいざとなったら2人使えると、今は2人しかキーパーはいないですけど、嘉鷹さん(GK谷口、社4=東京・早実)が調子を崩した時でもむっちを出して大丈夫だという風にチームのみんなに認識させられたことは、すごく大きなことだったと思います。課題は、明治には3連敗したし、東洋にも最後はなんとか勝ちましたけどそれまでに2回やられていますし、そこは一生懸命やらなければいけないし、少しでも気を抜いたらやられるということはわかったと思います。

村上 言うことなくなったんだけど(笑)。自分としては一番の収穫は中央戦で試合に出られて勝てたことで。チームとしては2カ月半の長いリーグ戦で一試合一試合いいチームの雰囲気で試合に臨めていて、後半になっていくにつれて、だんだん上がっていたのが収穫ですかね。明治戦の前とか、中央が負けたからベンチの横から見ていて、みんな気合がすごく入っていました。いい雰囲気で臨めていたことは確かです。課題が、東洋、明治、中央には今年あまり勝てていないので、インカレでしっかり当たれるチャンスがあるので、しっかり勝っていきたいです。

大塚 収穫は、明治には勝てていないですけど。自分たちが一生懸命やれば、中央とか東洋に勝てるというのも分かったし、それこそ慶応や日大、日体、法政には全部勝つことができたので、コンディション次第では十分上位校と戦える実力があるのかなと思いました。

――大塚選手、住友選手は昨年に比べ出場機会が増えたと思うんですが、その点に関してはいかがですか

住友 プレーのことを抜きに感情だけでいうと、良かったというのが自分の素直な感想です。でも、欲を言えば、今もパワープレーやキルプレーではあまり出させてもらえなかった一年だったので、そこはもう少し出たかったなという気持ちはあります。

大塚 ありがたいことに出場機会も増やしていただいて、試合慣れもしてきて、その中で課題もいろいろ見つけられたので良かったかなと思っています。これからインカレがありますけど、それにも向けて頑張っています。

――印象に残った試合はありますか

村上 自分はもちろん2次リーグの中央戦()です。自分が出たというのもあるんですけど、負けたら優勝がなくなる試合だったので、それを任せられたというのが素直にうれしかったです。後半の連続失点があったんですけど、それまでは1点に抑えていたので、結構納得いくプレーもできましたし、チームの先輩同期後輩みんな喜んでくれたのがうれしくて印象的な試合でした。

大塚 自分は2次リーグの明治戦()で。2-2の状況で、自分がジャンプアップしてパックをカットされて点を取られた試合なんですけど、少しの判断ミスで明治にはすぐに足元をすくわれてしまうというのを痛感した試合でした。

住友 自分は、秋リーグを通してすごく反則が多くてチームに迷惑をかけてしまって、3つ目で出ている選手としてDFの数も少ないですしそういうのはあまりよくなくて。2次リーグの東洋戦()も、早スポにも「住友の良くない反則」って書かれたんですけど(笑)。

村上 書いてもらったんだよ(笑)。

住友 第3者から見ても明らかにダメだろっていうことをやってしまったのが、印象に残った試合というか、やっちゃダメだったなというのがすごく自分の中でも思っていますね。それが一番記憶に残っている試合です。

「同期2人はどちらも攻撃的ディフェンス」(村上)


村上

――他己紹介をお願いします

住友 みんなからむっちって呼ばれていて、自分は小学校6年生の時にチームは違うんですけど、同じところでホッケーやっていて知り合いで。その時もむっちって呼ばれていて、大学で一緒にやるってなった時に小学校の時に知っていた人と一緒にやれるというのを楽しみにしていて、当時はむっちって言っていて、最初になんて呼べばいいんだろうと思って。7年くらいの間で何かが起こっていたらむっちって呼べないな、村上って呼ぶのかな、隼斗って呼ぶのかなって考えていたんですけど、呼び名が変わらずむっちだったというのが、自分が大学で最初に会った時の印象です。あと、小学校の頃に比べて痩せました。

村上 そう、痩せたんですよ(笑)。

住友 リバウンドしてきてるんですけどね(笑)。3男というのもあって、ほどほどにわがままで、自分は長男なので弟を見ている気持ちになります。あと、財布の紐が緩くて聞いていてこっちがうずうずするくらい金の管理ができていないので、自分が家計簿でもつけてあげようかなみたいな、面倒見たくなる感じです。プレーは嘉鷹さんとは結構違うタイプのキーパーで、読みで動いたりもするし、リバウンドへの反応がアクロバティックで、個人的には好きなタイプです。読みで動いたり魅せるキーパーっていうのは、好きです。

村上 告白じゃん(笑)。

住友 脩世は最初はまず誰よって感じで、知らなくて。自分たちが入る一週間前に、ホームページに新入生の名前が載っていて4人だと思っていたら、大塚脩世ってあって、誰?みたいな感じで最初は全く知らない人でした。性格は適当です(笑)。適当というか雑、大雑把。

大塚 お前が細かすぎるんだよ(笑)。

住友  本当に普段から雑です。プレーは元フォワードというのもあって、手元のスキルがすごく上手くて、攻撃が好きな選手で、自分も攻撃が好きなので2人が組んだ時に5人フォワードって揶揄される感じも若干ありました。自分と似た攻撃的なディフェンスだけど、自分にはない手元のスキルも持っている選手だと思います。

村上 2人ともディフェンスなのに攻めるからさ(笑)。同期にディフェンス2人しかいないのに、どっちも攻撃的ディフェンスで、自分も結構パスとか出せたら出したいタイプのキーパーなので、どちらかというとキーパーの中では攻撃的なキーパーだと思うんですけど、そうなるとリンクの上に立つ6人が全員攻撃していて(笑)。自分は起点となるパスしか出せないんですけど。

大塚 それも出さなくていいんだけどね(笑)。

村上 ちょっときついけど、この2人が上がっても、頑張りますよ(笑)。全然攻めてきていいよ(笑)。

大塚 バックチェックしないわ、ブルーラインで見てるわ(笑)。パス出してくれ、一人で守って。

村上 それはダメだよ(笑)。私生活は結構言えるぞ。愛斗は良く言えば几帳面で、悪く言えば細かいです。同期の中で一番しっかりしていて、どっか行くにしても、愛斗が全部まとめてくれて、行く場所を決めてくれて、愛斗がいなかったらずっと出かけられないまま1日が終わっちゃうんですよ、自分たちって。集まるのは早いんですけど、そこからどこいくか話してたら30分、1時間経っていて、しびれを切らした愛斗がこことかいいんじゃないって言って、そこでいいんじゃないってなります(笑)。結局どこでもいいんですけど、最後に決めてくれるのは愛斗です。

住友 さっき昼飯行くのも45分かかったよね(笑)。

村上 しっかり者です(笑)。じゃあ違うタイプの長男の話しますね。脩世は長男らしくない長男で、雑エピソードがたくさんあるけど多くて今思い出せません(笑)。同期は脩世を中心に回っていて、どっか出かける時は、まあ暇なので誘ってあげてるっていうのもあるんですけど、遊ぶ時は脩世がいることが多いですね。逆に脩世が出かけていると、あれいない、珍しいみたいにちょっと騒ぎになります(笑)。

住友 彼はずっと寮にいます。

大塚 授業の取り方がうまいから週2で収まっているんですよ。

住友 週2伏見キャンパスなんですよ、こいつ(笑)。やばいっすよ。

――じゃあ、残りの3日は寮にいるんですか

村上 当たりです(笑)

住友 バイトも月1のリンクバイトだから。バイトも伏見だし。伏見の主です。

大塚 楽なんですよ。伏見で済めば。伏見で暮らして、金稼げば。

村上 じゃあ伏見の市長になって、もっと伏見活性化させて(笑)。

――細かいエピソードはありますか

村上 些細なことなんですよね。でも出てこないっていうことは、どっちもどうでもいい時に雑だし、どうでもいい時に細かいんだよな。

大塚 逆に雑エピソードあったわ。愛斗研磨しないじゃん。気になんないの?あ、あと選手の名前をまじで知らない(笑)。

住友 他大学の選手知らないですね。興味がないです。試合やっていても、名前がここに出ているわけじゃないし(笑)。同じチームとかスクールでやっていたなら覚えるんですけど、同じ世代の人で知っている人はいますけど、上の代の選手で選抜とかで被っていなかったら知らないですね。自分からしたら何で知ってるのって感じなんですよね。

大塚 細かいの疲れない?

住友 いや、雑すぎて逆に気になる。出かけるのもさっき全然決めないって言ったじゃないですか。自分が出かけ先を決めて、行く電車とかもちゃんと決めたいタイプなんですよ。あと、昼飯食べに行くっていう時も、こいつらを寮から出すのに精一杯で、でも出したら適当に歩きながらどこ行く?みたいに、決めずに歩くのめっちゃ気になります。そっちに歩いたら、あっちの選択肢消えるじゃんみたいな(笑)。

大塚 まだ戻ればいいじゃん(笑)。あと、前なんて言ってたじゃんみたいなのをいちいち覚えてたりするから、気持ちわりーなって(笑)。

村上 たしかによく覚えてるわ。「お前この前なんとかって言ったじゃん」って言われて、女?みたいな(笑)。

大塚 人の名前は覚えないのに。

住友 覚えようとすれば覚えられるよ。でもさ、知らない選手の方がやりやすくない?知らない方が、こいつうまいやつだっていう先入観がないから、なんでもできるし学年も知らなければなんでもできるから。

大塚 むっちは、見るからに三男だな。すぐ顔に出るから、一発で分かる。逆に分かりやすいからいいっていうのもあるんですけど。ま、そんなもんですかね(笑)。

――マイブームは何でしょうか

大塚 一番嫌な質問だな(笑)。

村上 お前はアニメとゲームしかないべ(笑)。

住友 だって、アニメとゲーム取ったら何残るの?

大塚 なんかあるだろ。今探してるんだよ。

住友 最近はアニメよりゲームなんですよ、こいつ。でもゲームもYouTberと同じくらいのレベルまでいってるんですよ。YouTuberって暇だから動画取るために何回もやってという感じじゃないですか。それと張るくらい暇人で、極めているので。

住友 マイブームはプロレスかな。

村上 プロレス顔じゃないだろ(笑)。

住友 本当に小学校くらいからプロレスに興味があって。だけど、あまり見る機会がなかったので、好きっていうのだけあって何も掘り下げられていなかったんですけど、最近AmazonPrimeに有田がやっているプロレスの番組があって、それを見てどんどん知識を蓄えています。

村上 携帯ゲームのウイイレかな。みんなやってるから、密かに始めました。結局ガチャゲーで、でも結構いいの当たってきてだんだん強くなってきて面白くなってきました。あと、服も結構好きで。年齢が離れた兄がいるので、そういう影響もあって、服が好きになって。さっき愛斗からも言われたんですけど、若干財布の紐が緩いんですよね、自分(笑)。パって見ていいなと思って買っちゃう時もたまにあるので、でも最近はインスタで服を見てかっこいいなって思うだけにしてます。本当に最近物を買ってないです。

大塚 マイブーム…。なんだろう。美味しい飯食べることですかね。お金かけてるのって飯くらいです。

住友 腹立つくらい食うもんね。めっちゃ食べるの早いんですけど、寮飯食い終わった瞬間に、「あ~腹減った」って言うんですよ(笑)。

大塚 こういうのを逐一覚えてるのが細かいんですよ(笑)。

住友 だって衝撃的でしょ。自分がまだ米2口しか食べてない間に脩世全部食い終わってますから。

大塚 それは話盛ってる。あと、こいつ話盛りすぎなんすよ(笑)。

村上 あと、嫌いなもの全部よけるよね(笑)。

住友 それに関してはむっちもじゃない?サラダとか嫌いなもの全部抜いて食べるじゃん。

村上 サラダはね。

住友 俺もコーンとかだから。

村上 俺はコーンは抜かないもん。

住友 千切りのきゅうり抜くじゃん。

村上 きゅうりは人の食い物じゃないから。

大塚 あと、陸トレの時に、「あと1本」って言われたけど、たまにもう何本かある時があって、その時にめっちゃキレてるんですよ。

村上 (爆笑)。

住友 当たり前じゃないですか。だって嘘ですから。

大塚 嘘が嫌いとか言って、気持ち悪いんですよ(笑)。お前はクロちゃんかって。

村上 わかるよ。「あと1本」って言われたけど、本数増えてあ~ってなるのはわかるけど、「嘘ついてる」って、そこまでじゃなくない(笑)。怒ってる観点がよく分からない。

大塚 間違ったことが嫌いすぎだろ(笑)。

――理想のクリスマスは何ですか

村上 理想のクリスマスは、大学に入ったらインカレがあるのが当たり前ですから、試合ができることが一番の幸せです。

大塚・住友 え(笑)

村上 難しいな~。地元に彼女がいるので、年末とかクリスマスの時期はゆっくりしたいな、と思います。けど、大学のうちはいいかな。

住友 中学の時からずっとクリスマスは大会なので、中学は都大会、高校はインターハイ、大学はインカレなので。ここ何年もクリスマスがないので、正直感覚的に麻痺しているところはあるんですけど、引退してちゃんとクリスマスを過ごせるようになったら、どこかに旅行に行ったりクリスマスらしいことをしてみたいです。

村上 プレゼント配るってこと?

住友 いや(笑)。世の中のザ・クリスマスというのをやってみたいです。

大塚 理想のクリスマスは、ゆっくりしたいです。

住友 誰と?一人で?どこで?

大塚 誰かとゆっくりしたいです!!

一同 (笑)。

「60分間気持ちを切らさずにプレーすればおのずと勝利はついてくる」(住友)


住友

――では、インカレに関する質問に移ります。インカレでの最初のヤマ場は準々決勝になると思います。そこで勝つためには何が必要だと考えますか

住友 東洋とは本当にスキルの差はあるので、早稲田は一生懸命泥臭くやること。60分間気持ちを切らさずにプレーすればおのずと勝利はついてくると思います。

村上 3月から今まで自分たちがやってきたことを、一人一人が信じて試合に臨めばおのずと結果はついてくるのかなと思います。そしたらベスト4の壁は崩せていい結果が出るのかなと思います。

大塚 正直今からうまくなるというのは無理なので、東洋も人間で、癖とかもあると思うのでそういったところをミーティングとかでやっていかなければいけないのかなと思います。自分たちが全力でいいパフォーマンスをするというのは前提で、その上でビデオミーティングをして相手の癖を見つけてそれに対処していかないと、勝利はつかめないかなと思います。

――4年生と戦う最後の公式戦となると思いますが、4年生への思いを教えてください

住友 昨年とはかなりタイプの違う4年生ですけど、2年間一緒に過ごしてそういった意味では昨年の4年生よりも思い入れもありますし、恩返ししたいとか、いい思いをさせてあげたいという思いは昨年より強いので、東洋に勝って中央に勝って、最後に今シーズン勝てていない明治にも勝って優勝させてあげられればいいかなと思います。

村上 今年の4年生は結構下からの意見とかも聞いてくれる部分があって、何でも言い合えるチームになったので、愛斗が言ったように思い入れが深いので勝って泣かせたいですね(笑)。

大塚 4年生とはいい意味で近い距離間で接させてもらっているので、インカレと早慶戦が最後ですけど、最後はいい思いをしてもらえるように頑張りたいと思います。

――インカレへの意気込みをお願いします

住友 ここ最近ずっと優勝から遠のいていますし、ベスト8で敗退しているので、ここで久しぶりに明治以外と準々決勝で当たるので、ベスト4の壁を破って優勝を手に入れられたらなと思います。

村上 公式戦最後の大会となったので、今シーズンチームのスローガンである『For One』を体現して優勝したいと思います。応援よろしくお願いします。

大塚 インカレは今シーズンの集大成なので、自分としては最高のプレーができるように優勝に向けて頑張りたいです。

――ありがとうございました!

(取材・編集 宇根加菜葉、小林理沙子)

優勝まで一直線に突き進んでください!

◆大塚脩世(おおつか・しゅうせい)(※写真右)

1999(平11)年3月3日生まれ。170センチ。73キロ。長野・佐久長聖高出身。スポーツ科学部2年。部活の時は左右違う靴下を履いていると雑エピソードを暴露されてしまった大塚選手。それを避けるために10足全部同じ靴下を買ったそうです。インカレでは、早い判断でフォワードにつなぐパック出しに注目です!

◆住友愛斗(すみとも・あいと)(※写真中央)

2000(平12)年1月24日生まれ。173センチ。66キロ。東京・早稲田実業高出身。教育学部2年。自他共に認める「細かさ」が対談でも話題になり、筆箱のペンを全部同じ向きにそろえている、という細かいエピソードを披露してくださいました!インカレで見てほしいプレーは、献身的なプレーやシュートブロックだそうです!

◆村上隼斗(むらかみ・はやと)(※写真左)

2000(平12)年3月17日生まれ。173センチ。69キロ。北海道・駒大苫小牧高出身。スポ―ツ科学部2年。三男らしいと2人と長男から紹介された村上選手。今年も鋭いツッコミが印象的でした。インカレに出場した際はベストパフォーマンスで守る!と意気込みを聞かせてくださいました。