写真:平野美宇(写真左)、早田ひな(ともに日本生命)/撮影:ラリーズ編集部

<LIONカップ第24回卓球ジャパントップ12 SENDAI(兼2020世界卓球日本代表最終選考会) 2019年12月21日~12月22日>

21日、LIONカップ第24回卓球ジャパントップ12(兼2020世界卓球日本代表最終選考会)の男女シングルス準決勝が行われた。男子は神巧也(T.T彩たま)と森薗政崇(BOBSON)、女子は平野美宇と早田ひな(ともに日本生命)が決勝進出を決めた。

前年度に続き、森薗が決勝へ ジンタクも勝ち上がる




写真:森薗政崇(BOBSON)/撮影:ラリーズ編集部

準決勝のカードは森薗 vs 吉村真晴(名古屋ダイハツ)、神 vs 吉村和弘(東京アート)となった。

森薗は1ゲーム目こそ奪うもそこから3ゲームを連取され、吉村ペースで試合は終盤へ。しかし、前年世界卓球代表権を勝ち取った森薗がここから巻き返し、6ゲーム目のデュースを乗り切り、逆転勝ちで決勝進出を決めた。




写真:神巧也(T.T彩たま)/撮影:ラリーズ編集部

神は吉村和弘に対し、バックサーブを効果的に使用。ゲームカウント1-2とリードを奪われたところから4、5、6ゲームを連取してこちらも試合をひっくり返した。

この結果、決勝は森薗 vs 神。前回大会に引き続き森薗が制すのか、それとも「(世界選手権の代表になることに)一番ウエイトを置いている」と1次選考会で語っていた神が勝ち取るのか。最後まで目が離せない。

女子は黄金世代が勝ち上がる




写真:平野美宇(日本生命)/撮影:ラリーズ編集部

平野は加藤美優(日本ペイントホールディングス)との試合に臨んだ。各ゲーム競り合いになるも、世界ランク11位の平野は簡単に点数を失わない。加藤も粘りを見せたが、平野は持ち味である早い打点での速攻を遺憾なく発揮し、ゲームカウント4-2で決勝へ駒を進めた。前回大会を制し、世界卓球代表権を手にした加藤だったが、今回は平野に行く手を阻まれることとなった。




写真:早田ひな(日本生命)/撮影:ラリーズ編集部

早田は準々決勝に引き続きカットマンとの対戦。佐藤瞳(ミキハウス)はグランドファイナルでリオ五輪金メダリスト丁寧(ディンニンン・中国)を破るなど日本トップクラスの実力を誇るカットマンだ。

だが、同じく日本トップクラスのカットマン・橋本帆乃香(ミキハウス)を寄せ付けず、準決勝に勝ち上がってきた早田。今回も見事なカット打ちを披露する。ゲームカウント3-0の早田リードで迎えた4ゲーム目も、女子離れしたパワーで佐藤のカットを打ち抜いたかと思えば、緩いチキータで得点を奪うなど技術の幅を見せつける。最後は佐藤のスマッシュがオーバーミスし、早田に軍配が上がった。

前回大会では、準決勝で最終第7ゲーム10-5リードから加藤に逆転負けを喫し、涙を飲んだ早田が決勝で平野に挑む。

準決勝スコア

男子

〇森薗政崇 4-3 吉村真晴

吉村和弘 2-4 〇神巧也

女子

〇平野美宇 4-2 加藤美優

〇早田ひな 4-0 佐藤瞳

文:ラリーズ編集部