「スポーツチャンバラを好きになることが強くなる秘訣」

護身道から生まれたスポーツチャンバラ。國學院大学の冨田剛弘(4年)は“新しいことをやってみたい”という理由で、大学からスポーツチャンバラを始めた。きっかけは些細なことだったが今ではその面白さに魅了され、常に“スポチャン”について考える。身体のどこを打っても1本、ルールはいたってシンプルだ。どうやって相手の隙を突くのか、発想が自由故に奥深い。1年生ながら関東リーグで2種目を制した冨田は「社会人になっても続けていきたい」と宣言する。スポチャンへの熱い思いはどこからくるのか、一振りにかける情熱を記録する。