右膝前十字靭帯の断裂、半月板損傷により全治10カ月の診断を受け、大晦日に予定されていた「RIZIN.20」の欠場を余儀なくされていた総合格闘家・堀口恭司が、12月18日夜に拠点の米・フロリダから2ヶ月ぶりに帰国した。

 

 RIZIN、ベラト—ルの日米2団体のバンダム級王者でありながら、今年8月に行われた「RIZIN.18」のノンタイトルマッチで朝倉海にキャリア初のKO負け。大晦日の「RIZIN.20」で再戦予定だったが、怪我によりビッグマッチは消滅。それに伴い、堀口は自ら申し入れ、RIZIN、ベラト—ルの両王座を返上していた。

 右膝前十字靭帯の断裂、半月板損傷で11月7日に米・フロリダの病院で手術した「史上最強のMade In JAPAN」が、手術後初めてその心境を吐露した。

・今すぐ読みたい→
【動画】堀口恭司、大晦日「RIZIN.20」を欠場!全治10ヶ月の大怪我で現在は車いす生活(https://cocokara-next.com/athlete_celeb/kyojihoriguchi-serialization-37/)

「KIDさんも経験した大怪我」、そんな簡単な道ではない

—怪我を公表して約1ヶ月が経ちました
堀口:朝倉海選手には一度負けているし、自分的には再戦を凄くやりたかったですし、リベンジしたかった。でも、こうなってしまったからには仕方がない。まずはしっかり治す。

 (山本)KID(徳郁)さんも前十字靭帯をやっていて、そんな簡単ではない怪我だと思うので、ちゃんと治して、自分の動きをしっかりと取り戻せるよう、リハビリを頑張ろうと思います。

—怪我の調子はどうですか?
堀口:順調に治っていたんですけど、途中で膝の手術した傷口にばい菌が入ったりして後退して…。でも、それが良くなったので、日本に帰って来られました。良くなって、悪くなって、良くなって、どんどん良くなっています。車椅子を降りて松葉杖になって2、3週間経ったので、あと1週間くらいで松葉杖も取れます。そうしたらギブスだけで歩いていいよって言われています。

—それは日本にいる間ということになりますが、自分の判断で?
堀口:体重を乗せられるようになって、大丈夫だと思ったらいいよ、って言われています(笑)

簡単じゃないからこそ覆す

—怪我をしてからはどのように過ごしていましたか?
堀口:ほとんど寝たきりでしたね。ちょっと起きれるようになって、昼間にすることがないのでコ—チに釣りに連れて行ってもらったりしました。でも、基本的には(練習と生活の拠点であるアメリカン・トップ・チ—ムの)ジムの自分の部屋で寝て起きての繰り返しでした。痛み止めの薬を飲んでいたので、その影響でずっと眠くて。

—現状、トレ—ニングはどうしていますか?
堀口:上半身とかできる範囲で筋トレをやっていましたけれど、全然汗をかかないんですよ。走ったりとか有酸素運動ができないから汗をかかないので、やった気にならないんですよね。

—選手生活で一番の大きな怪我だと思いますが、大変だったことは?
堀口:手術もリハビリもアメリカだったので、色々と自分でしないといけなくて。親とか誰も近くにいないので、最初の頃はそれが大変でしたね。

—全治10ヶ月の大怪我と聞いた時の心情はどうでしたか?
堀口:リベンジしたかったというのはありますし、みんなが楽しみにしていたのに、それを実現できなかった、という事が一番悔しかったですね。でも、こうなってしまった以上は、休めということだと思います。

—復帰に向けて、プランは万全ですか?
堀口:そんな簡単に復帰できる怪我じゃないと言われているので、それをしっかりと覆してやろうかなと思っています。

◆堀口恭司 オフィシャルサイト
https://horiguchikyoji.com/

◆堀口恭司グッズはコチラ
堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ
堀口恭司×WAYLLY スマートフォンケース

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

[文/構成:ココカラネクスト編集部]

・今すぐ読みたい→
【動画】堀口恭司、大晦日「RIZIN.20」を欠場!全治10ヶ月の大怪我で現在は車いす生活(https://cocokara-next.com/athlete_celeb/kyojihoriguchi-serialization-37/)