<写真・今試合2TDを決め、甲子園ボウルMVPに輝いた阿部>

試合後のコメント

鳥内秀晃監督「甲子園に来れない監督もいる中、何回も来させてもらってありがたい。主役は学生。勝てて良かった。頑張っていたと思うし、努力が報われたんちゃうかな。第4Qでリードされていた時でも焦りはなかった。もともとそういうシナリオやと思っていた。相手のラッシュをうまいことかいくぐっていたと思う。(次戦のライスボウルでは)たくさんのファンが応援に来てくれはるから、そこでどういうプレーを見せるのかがポイントちゃいますか」

--

#52DL寺岡芳樹主将(経4)「ほっとした。ディフェンスとしてはずっといいプレーができていなかったが、オフェンスが助けてくれた。相手の攻撃が強力で苦しい試合になったが、1プレー1プレーで一喜一憂せず、最後まで全員で戦えたと思う。今年1年、全てが2年前の日大に負けた年と重なっていた。その中で、借りを返せて本当に良かった。(ライスボウルへ向けて)自分たちは完全に格下。攻めるフットボールで食らいついて、やりたいことをやり尽くしたい」

--

#81WR阿部拓朗副将(社4)「チームを日本一にすることができてとても良かった。(自身の最優秀選手賞について)人生で個人賞を取ったことがなく、ずっと欲しかった。学生最後に取れてうれしい。だが、まだまだ現状は完璧ではない。オフェンス、ディフェンス、キッキング共にミスが多かった。ライスボウルへ向け、詰めが甘いと感じた。しっかりと詰め切って、なんとか挑戦したい」

--

#45DB畑中皓貴副将(経4)「勝てて良かったが、DBとしては満足のいく結果ではない。ブレナンを中心にパスを多く通されてしまい、自分たちの実力不足だったと感じた。ライスボウルで戦う相手は、速さや強さの次元が違う。だが、社会人WRに自分たちのやってきたことを出さなければ、これまで戦ってきた人たちに申し訳ない。個人的にはけがで試合に出られない日々が続いたが、次は出るつもりでいる。今試合で浮き彫りになったディフェンスの課題を2週間で修正し、学生がどこまでやれるのかを示したい」

--

#51DL大竹泰生副将(商4)「試合が終わって、ほっとしたというより、オフェンスに感謝という感じ。ディフェンスが28点も取られて勝てたのはオフェンスのおかげだと思う。日本一になり、もっと喜びたかったし、もっとしっかり止めたかった。悪い流れになると、空気も緩くなってしまうところが悪い点。ずっと東京ドームで社会人と対等に戦ってきたファイターズに憧れてきた。自分たちもあんな風になれるように4年間の集大成を見せたい」