令和初の「戦国」箱根を制すのはどの大学か?

 来年1月2、3日に行われる第96回箱根駅伝の記者発表が10日、都内で行われた。参加全21チームのエントリー選手16人がそれぞれ発表された。参加した各校の監督と学生が抱負を語ったが、主役は15年から箱根4連覇に導いた青学大の原晋監督(52)。毎年恒例となったキャッチフレーズは「やっぱり大作戦」と命名した。

・今すぐ読みたい→
箱根駅伝珍場面集 フリーザ出現、全員コース間違えetc.(https://cocokara-next.com/athlete_celeb/hakone-ekiden-rare-scene/)

「やっぱり大作戦」

 

 「そろそろやめようかと思ったんですが、毎年続けることが大切なので」と前置きして、壇上から正面、左、右と指をさして「みなさん良いですか?名付けまして」と語気を強めると、座っていた机の大学ネームプレートに触れて落ちるハプニングが発生。会場の空気が和らいだところで「やっぱり大作戦」を発表し、「やっぱり青学大は強かった、やっぱり青学大を応援して良かった、と言われるように。当然リベンジの意味もある」と前回2位からのV奪回を誓った。

 前回上位校の監督トークバトルも盛り上がった。連覇を狙う東海大・両角速監督(53)は「『やっぱり』ダメだったね、と言わせたい」と青学大に返り討ちを宣言。昨年から約20キロ減量してシャープな体つきの両角監督に対し、原監督が「ライザップのテレビCMに出ようとしているんじゃないの?」と話し、観衆の笑いを誘った。

 前回5位の帝京大・中野孝行監督(56)が「1、2区は誰ですか?」と直球の質問を投げ込むと、前回3位・東洋大の酒井俊幸監督(43)は「思い切ってエース相沢の1区もあるかもしれません」といたずらっぽく笑うと、原監督は「(予選会で好走した)東京国際大のケニア人留学生ヴィンセント君(1年)が1区といううわさもある。本当に2人が1区にそろったら…恐ろしや恐ろしや」とオーバーアクションで応じた。

【青学大・原監督の作戦名と箱根成績】

 サービス精神あふれる原監督は軽妙なトークばかりでなく、勝負師の顔ものぞかせた。展望について「東海大1強ですよ。だが、ウチは全員が区間5位以内になれば、優勝できる。『戦国駅伝』と言われるが、私にとっては『戦術駅伝』。具体的な配置を言えないことは理解してほしい」と熱く語った。本音、三味線、腹の探り合いと「前哨戦」にも熱が入った。

 29日に1~10区の配置と補欠6人の登録発表が行われる。往路(2日)、復路(3日)ともにスタート時間は午前8時。第1回から100年目を迎える節目の大会で「やっぱり青学大!」となるか。

【青学大・原監督の作戦名と箱根成績】

◆2013年「マジンガーZ大作戦」=8位
◆14年「S大作戦」=5位
◆15年「ワクワク大作戦」=初優勝
◆16年「ハッピー大作戦」=優勝(2連覇)
◆17年「サンキュー大作戦」=優勝(3連覇)
◆18年「ハーモニー大作戦」=優勝(4連覇)
◆19年「ゴーゴー大作戦」=2位
◆20年「やっぱり大作戦」=?

[文/構成:ココカラネクスト編集部]

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

・今すぐ読みたい→
箱根駅伝珍場面集 フリーザ出現、全員コース間違えetc.(https://cocokara-next.com/athlete_celeb/hakone-ekiden-rare-scene/)