Xリーグイーストディビジョンの所属のアサヒビールシルバースターのOBが、現役チームを応援するために同チーム初のイヤーブックを刊行した。

このイヤーブックは、現役選手、コーチ陣をサポートすることを目的に発足したOB会組織『アサヒビールシルバースターサポーターズクラブ』(=藤江琢司会長)が制作したもの。1970年の創設当初から、仕事とフットボールを両立した上で、『日本フットボール界の輝ける星』を目指すチームの哲学を、歴史、現役選手の意気込み、ビジネス界で活躍するOBたちのメッセージなどで紹介している。

Xリーグ所属のクラブチームによる正式な活動を伴うOB会組織の結成は初めてのこと。所属した選手が現役を退いた後もチームに対するロイヤリティを強く持ち、ビジネス界でも活躍しているOBが多数いるシルバースターだからこそ実現できた活動だ。

表紙デザインは過去三度のライスボウル制覇をチームロゴである銀星で表したもの。イヤーブックは1部500円(税込)で、アサヒビールシルバースターの試合会場で販売されている。

8月27日の初戦で警視庁イーグルスに34対0と快勝したアサヒビールは、9月11日、富士通フロンティアーズと富士通スタジアム川崎で対戦する。

アサヒビールシルバースター応援Facebookページ

https://www.facebook.com/gogosilverstar/