右肘の手術を終え、徐々にトレーニングを開始している錦織圭(日本/日清食品)がユニクロを訪問。珍しいラフな私服姿をTwitterで披露し、ファンから「カッコいい」の声が続々と届いている。

投稿された写真は2枚。1枚目はラフなサイジングのジャケットとパンツ姿。ジャケットは濃いめのブラウンで、その下には薄いブラウンのオープンカラーシャツ。その中にはボーダーのインナーを着用している。パンツはボルドーカラーで、白いスニーカーが良く映えている。

2枚目は打って変わってドレッシーな装い。白のタートルネックの上にはスリムな黒いジャケット。パンツも黒い細身のもので、靴は1枚目と同じ、白いスニーカーだ。

錦織はウェアやジャージ以外だとスーツ姿のことが多く、こうしたラフなファッションは珍しい。

2パターンとも錦織に似合っている上に、モデルのようなポージングをしており、それにはファンから「素敵!」「カッコいい!」「いけてる!」などの声が。

また、「痩せた!?」との声もあったが、確かに精悍な顔つきをよく見ると、頬のあたりがほっそりしたようにも見える。

錦織は右肘の故障のために秋からのアジアシーズンを欠場し、手術を敢行。試合には出ていないが、ラケットを使わないフィジカルトレーニングを早々に開始しており、それによるものかもしれない。

新しいコーチに男子ダブルス元世界1位のマックス・ミルヌイ(ベラルーシ)を迎えることを発表し、ラケットを使ったトレーニングも徐々に開始している錦織。

復帰は現時点では12月27日から開催されるエキシビションマッチ「ハワイオープン」を予定している。昨年優勝した錦織は、4月の段階で「タイトル防衛を楽しみにしています」とコメントしていたが、元気な姿をコートで年内に見ることができるのか、楽しみにしたい。

(テニスデイリー編集部)

※写真は「全米オープン」での錦織圭

(Photo by Cynthia Lum/Icon Sportswire via Getty Images)