巨人加入のビエイラは「49」、育成契約のオリ黒木は「124」に

 西武は3日、中日を退団した松坂大輔投手との契約が合意に達したと発表した。1年契約。14年ぶりの古巣復帰となる。背番号は「16」に決まった。1998年のドラフト1位で西武に入団した松坂は2007年にポスティングシステムを利用してレッドソックスへ移籍。インディアンス、メッツを経て再び日本球界へ。ソフトバンク、中日でプレーし、古巣復帰となった。

ロッテは楽天からFA移籍した美馬学投手の背番号が「15」に決まったと発表した。「15」は楽天で2018年からつけていた背番号。美馬は球団を通じて「イーグルス時代も背負っていた背番号で、とても思い入れと愛着があるのでマリーンズでもつけることが出来て本当にうれしいです」などとコメントした。

 楽天は育成選手契約を結んだ4選手の背番号が決定したと発表した。2017年まで4年連続60試合超に登板した福山博之投手は「164」、2012年のドラフト1位だった森雄大投手は「016」、2016年ドラフト2位の池田隆英投手は「130」となる。耀飛外野手は「150」となった。

 オリックスは黒木優太投手と育成選手契約を締結したと発表した。背番号は「124」に決まった。

 巨人は来季の新戦力としてホワイトソックスからFAとなっていたチアゴ・ビエイラ投手との契約に合意したと発表した。背番号は「49」に決まった。

 ヤクルトは3日、東京都内のヤクルトホールで新入団選手発表会を行った。指名した6選手が入団合意に達し背番号が正式決定した。1位指名の奥川恭伸投手は「11」、2位指名の吉田大喜投手(日体大)は「28」、3位指名の杉山晃基投手(創価大)は「35」に決まった。

パ・リーグ

【西武】
松坂大輔投手 「16」

【ロッテ】
美馬学投手 「15」

【楽天】
福山博之投手 「164」
森雄大投手 「016」
池田隆英投手 「130」
耀飛外野手 「150」

【オリックス】
黒木優太投手 「124」

セ・リーグ
【巨人】
チアゴ・ビエイラ投手 「49」

【ヤクルト】
奥川恭伸投手 「11」
吉田大喜投手 「28」
杉山晃基投手 「35」
大西広樹投手 「44」
長岡秀樹内野手 「58」
武岡龍世内野手 「60」(Full-Count編集部)