今回の東海地区大会で男子優勝に導いた若林勇希監督率いる名古屋経済大学市邨高等学校の主将の小林冠介(こばやしかんすけ)選手とS1の伊藤厚陽(いとうこうよう)選手にインタビューを行った。

●主将 小林冠介さん

Q:優勝の原動力は何でしたか?

「親やチームのみんなの応援です」

Q:チームの目指していることを教えて下さい。

「歴代初のチームベスト4以上です」

Q:主将としてチームを率いる上で心がけている事は?

「同期や後輩との距離感です。みんなで昼ご飯を食べたり、ゲームをしたりして、チーム内での絆を深めるように心がけています」

●S1 伊藤厚陽さん

Q:S1の選手として一番得意なショット・プレースタイルは何ですか?

「バックハンド。相手の時間を奪い早く展開することです」

Q:S1としてチームにどのように貢献していきたいですか?

「自分のプレーをしっかりして先陣をきり、良い雰囲気をつくれるようにしたいです」

Q:テニスの好きな点は?

「自分の得意なショットが相手に通用した時です」

●監督からの総評

「まだまだ力を発揮できなかった選手が多かった。基礎練習に励み、本大会に備えていきたいと思う」

応援の力を最大限パワーに変えて戦っていた名古屋経済大学市邨高等学校テニス部。実際に決勝戦を取材して、応援の持つ力を強く感じた。これからも、皆の応援を力に頑張れ!

全国選抜高校テニス大会 チーフアドバイザー宮崎愛伎代

※写真は名古屋経済大学市邨高等学校の皆さん(©全国選抜高校テニス大会実行委員会)