写真:オーストリアオープンでの丹羽孝希(スヴェンソン)/提供:ittfworld

<2019男子ワールドカップ(成都) 2019年11月29日~12月1日>

大会2日目となる11月30日、男子シングルス準々決勝が行われた。日本からは本戦からの登場となる丹羽孝希(スヴェンソン)が登場し、李尚洙(イサンス・韓国)と対戦した。国際大会では7度目となる両者の対戦は、4−2で丹羽が勝利した。

丹羽が李に辛勝




写真:李尚洙(韓国)/提供:ittfworld

国際大会では6勝1敗で勝ち越している丹羽。今回の対戦でも1ゲーム目から丹羽が持ち前の速攻で先手を取っていく。

続く2ゲーム目は一転して、李の威力のある量ハンド攻撃に苦しむ。しかし7ー8での壮絶なラリーを丹羽が制すると一気に李を突き放し、逆転で2ゲーム目を奪った。

その後徐々に調子を上げてきた李との一進一退の攻防が続き、ゲームカウントは3ー2と接戦にもつれ込む。

6ゲーム目、何とか突き放したい丹羽と、必死に食らいつく李の見応えのある派手なラリーの応酬が続く。しかし、随所でサービスエースやカットブロックなどの“業”で変化をつけて翻弄した丹羽がデュースまでもつれた接戦を辛くも制し、8強入りを決めた。

勝利した丹羽は、続く準々決勝でベスト4をかけて張本智和(木下グループ)と対戦することとなる。

詳細スコア

〇丹羽孝希 4–2 李尚洙(韓国)
11-6/11-8/14-16/11-7/8-11/13−11

文:ラリーズ編集部