ランニングシューズなどを手掛けるスイスのパフォーマンスブランド「On(オン)」とロジャー・フェデラー(スイス)は、現地25日ニューヨークで記者発表会を行い、フェデラーは「On」のシニアチームメンバーの一員として初めて公の場に登壇した。

同社の日本語公式サイトでは、「世界屈指のテニスプレーヤーであるロジャーがOnに参画するのは、スポンサー契約によるものではありません。投資家として、また、世界でしのぎを削るトップアスリートとして、スポーツの未来を形作るためにOnのプロジェクトに密接に関わっていきます」と説明されている。既にフェデラーは、「On」チームと共に2020年完成・発売予定の新企画に取り組んでいるとのこと。

これに対しフェデラー本人は、記者発表会で「単なる投資家としてではなく、自分と同じスイスをルーツに持つ成長著しいスニーカー会社のメンバーとして、どういう化学反応を起こすことができるのか、想像するとワクワクが止まらないんです」とコメントした。

記者の、どういう役割を担っていくかという質問に対しては「アスリートとしての知見を活かした技術開発」「多くのファンを魅了してきた経験に基づいたOnのファンコミュニティの拡大」「リーダーシップを発揮し、社内のチームビルディングの強化や社内文化醸成」などの役割を担っていく予定とした。

フェデラーは数年前から「On」のシューズを「心拍数を高めるために行っているインターバルトレーニングで」履き始めていて、その後普段の生活でも履くようになったほど「On」のファンだという。それを知った「On」側がフェデラーにコンタクトを取り、今回のメンバー入りにつながったようだ。

一方記者から、来年の東京オリンピックで「On」のシューズを履いて出場するという可能性はあり得えるか?と質問されると、次のように答えた。

「偶然にも、オリンピックに出場した年は僕の人生の分岐点と重なっているんだ。このタイミングでOnに加入したことは、何か運命的なものを感じるよ。東京五輪は本当に楽しみ。テニスシューズに関しては、まだ彼らとは一度も話したことはないから正直何もわからない(笑)。オリンピックまでにかたちになるシューズが出来るかもしれないけど、出来ないかもしれない。そこは、企業秘密ということで(笑)」

(テニスデイリー編集部)

※写真はアルゼンチンでエキシビションマッチを行った際のフェデラー

(Photo by Marcelo Endelli/Getty Images)