今回の近畿地区大会で女子準優勝に導いた立村克己監督率いる京都外大西高等学校の主将西山朋菜(にしやまともな)選手とS1の西尾萌々子(にしおももこ)選手にインタビューを行った。

●主将 西山朋菜さん

Q:準優勝の原動力は何でしたか?

「粘り強さとチームワークだと考えます」

Q:チームの目指していることを教えて下さい。

「チームワークと不撓不屈の精神で、全国選抜大会で優勝することです」

●S1 西尾萌々子さん

Q:S1の選手として一番得意なショット・プレースタイルは何ですか?

「得意なショットはフォアハンドのダウン・ザ・ラインで、スライスを混ぜたり、緩急をつけて相手のペースを崩します」

Q:S1としてチームにどのように貢献していきたいですか?

「チームを勢いづけるような元気なプレーで相手を圧倒し勝利したいです」

これからもチームワークと不屈の精神で頑張れ、京都外大西高等学校テニス部!

全国選抜高校テニス大会 チーフアドバイザー宮崎愛伎代

※写真は京都外大西高等学校の皆さん(©全国選抜高校テニス大会実行委員会)