写真:張本智和(木下グループ)/撮影:ラリーズ編集部

<T2ダイヤモンド2019シンガポール 2019年11月21日~11月24日>

大会最終日を迎えた24日、T2ダイヤモンドは男子シングルス準決勝が行われた。日本の張本智和(木下グループ)が世界ランキング2位の許昕(シュシン・中国)と対戦し、許昕が4-1で張本を下した。敗退した張本は、3位決定戦に進む。

T2ダイヤモンド特別ルール

T2ダイヤモンドは、7ゲームマッチのシングルス形式だが、従来の卓球のルールとは異なり、デュースなしの1ゲーム11点先取で行われる。また、試合時間が24分を越えた場合は1ゲーム5点先取のFAST5へと移行する。

張本智和、6度目の正直ならず




写真:許昕(中国)/撮影:ラリーズ編集部

日本男子で唯一ベスト4に残った張本は、過去5戦全敗の許昕と対戦した。

序盤から許昕の攻撃に対し前陣で対応する張本。張本は鋭いバックハンドで相手のフォア側を攻めるも、許昕は少し台から離れて対応する。第1ゲーム、第2ゲームともに台を広く使ったラリーの応酬になるも、許昕が持ち前のラリー力で得点を重ね、ゲームカウント2-0と張本をリードする。

第3ゲームは終盤まで一進一退の攻防。先にゲームポイントを握ると、最後は許昕の3球目攻撃がオーバーし、第3ゲームを奪い返す。第4ゲームは、再び許昕のフォアハンドドライブが猛威を振るう。力強く、回転量のある許昕のドライブに押されてしまう。焦りもあったか、張本らしくないミスも時折見せ、第4ゲームを失った。

24分が経過しFAST5に移行した第5ゲーム、序盤リードされるも4-4に追いついた張本は、何としてもこのゲームをとって望みを繋ぎたかったが、張本のサーブからの3球目がうまくヒットせず、その瞬間許昕の勝利が決まった。

6度目の挑戦となったがまたも跳ね返されてしまった張本。今夜の3位決定戦では、通算成績1勝2敗の林高遠(リンガオユエン・中国)と対戦する。中国選手を撃破し、T2ダイヤモンドに爪痕を残せるだろうか。

詳細スコア




写真:張本智和(木下グループ・写真左)と許昕(中国)/撮影:ラリーズ編集部

張本智和 1-4 ○許昕(中国)
7-11/7-11/11-9/6-11/4-5

文:ラリーズ編集部