写真:KA神奈川に勝利したTOP名古屋の選手達/撮影:ラリーズ編集部
<ノジマTリーグ2019/20シーズン11月23日(土)横浜文化体育館>

23日、ノジマTリーグで女子4位のトップおとめピンポンズ名古屋(以下、TOP名古屋)が2位木下アビエル神奈川(以下、KA神奈川)にゲームカウント3-1で勝利し、連敗を2でストップした。

TOP名古屋は森薗/鈴木ペアが幸先よく勝利すると、ハンイン(ドイツ)、サマラ(ルーマニア)が安定感のあるプレーを見せた。KA神奈川はエース石川佳純がT2ダイアモンドで、また木原美悠と長崎美柚が世界ジュニアのため欠場する中、香港のエース杜凱琹が森薗をストレートで下し一矢報いた。

勝利したTOP名古屋は勝ち点3を獲得し、最下位脱出に向け3位日本ペイントマレッツと勝ち点で並んだ。

TOP名古屋の欧州勢が安定感を見せる




写真:鈴木(左)・森薗ペア(TOP名古屋)/撮影:ラリーズ編集部
1番のダブルスでは、森薗/鈴木ペア(TOP名古屋)が最終ゲームで精度の高い攻撃を見せ勝利すると、2番手のハンイン(TOP名古屋)がナックルカットを活かし浜本由惟(KA神奈川)に完勝し、TOP名古屋が2-0とリードして前半を折り返す。

後がなくなったKA神奈川は3番の杜凱琹が、ダブルス勝利で勢いに乗る森薗美咲(TOP名古屋)と対戦。森薗の速いピッチにも慌てず安定したプレーで3-0のストレート勝ちを見せた。

4番手はポルカノバ(KA神奈川)対サマラ(TOP名古屋)の欧州左腕対決となり、ともに長いリーチを活かした迫力のあるラリー戦を繰り広げる。最後は気迫で上回ったサマラが3-2での接戦を制した。

スコア:KA神奈川 1-3 TOP名古屋




写真:一矢報いた杜凱琹(KA神奈川)/撮影:ラリーズ編集部

ポルカノバ/曾 尖 1-2 〇森薗美咲/鈴木李茄
5-11/11-6/7-11

浜本由惟 1-3 〇ハンイン
5-11/11-7/6-11/2-11

〇杜 凱琹 3-0 森薗美咲
11-7/11-10/11-5

ポルカノバ 2-3 〇サマラ
7-11/11-5/11-9/10-11/9-11

文:ラリーズ編集部