写真:水谷隼/撮影:ラリーズ編集部

<T2ダイヤモンド2019シンガポール 2019年11月21日~24日>

23日、T2ダイヤモンドシンガポールは大会3日目。男子シングルス準々決勝で水谷隼(木下グループ)は中国の世界ランク3位、林高遠(リンガオユエン)と対戦したが、1-4で敗れ、準決勝進出はならなかった。

水谷 好プレー見せるも準々決勝敗退




写真:林高遠/撮影:ラリーズ編集部

ベスト4進出かけた準々決勝は、水谷対林高遠のサウスポー対決となった。過去の対戦は水谷が1勝2敗と負け越している。

第1ゲームは水谷は「守っているだけでは勝てない」と打点の早い攻撃をみせ、3-3から驚異の8連続得点。あっさりとこのゲームを奪う。

続く第2ゲーム、水谷はコート後方の広告のためか、サングラスを着用して臨んだ。ゲームは林が調子を上げ、厳しいコースで水谷を揺さぶる。水谷はコートから下げられる場面が増え、主導権を握ることができない。11-7で林が奪い、ゲームカウント1-1となった。

第3ゲーム、互いにサーブから効果的に得点を重ね、接戦となり10-10に。T2ダイヤモンドでは特別ルールでデュースがない。勝負の1点を奪ったのは林だった。林がサービスエースを奪い、11-10でこのゲームをもぎとる。

逆転を許した水谷、つづく第4ゲームは精彩を欠き、ミスが増える。序盤から点差を離され、4-11でこのゲームも落とす。

ゲームカウント1-3となったところで、制限時間24分が経過し、試合はFAST5(5点先取)へ。

後がなくなった水谷だったが、林は主導権を譲らなかった。2-4と林がマッチポイントを握ったところで水谷はタイムアウトを取ったが、最後は林がサービスエース。ゲームカウント1-4で水谷の敗退が決まった。

試合後、「第3ゲームを落としたのが悔やまれる。それから苦しくなった」と語った水谷。多彩なプレーで会場を沸かせた水谷だったが、ベスト8でT2ダイヤモンドシンガポール大会を去ることになった。

詳細スコア

水谷隼 1-4 ○林高遠
11-3/7-11/10-11/4-11/2-5

文:ラリーズ編集部