写真:林昀儒(チャイニーズタイペイ)/撮影:ラリーズ編集部

<T2ダイヤモンド2019シンガポール 2019年11月21日~24日>

23日、T2ダイヤモンド2019シンガポール・男子シングルス準々決勝で、前回王者・林昀儒(チャイニーズタイペイ)と世界ランキング16位のパトリック・フランチスカ(ドイツ)が対決し、ゲームカウント4-2で林昀儒が1回戦に続き勝利を手にした。

T2ダイヤモンド特別ルール

T2ダイヤモンドは、7ゲームマッチのシングルス形式だが、従来の卓球のルールとは異なり、デュースなしの1ゲーム11点先取で行われる。また、試合時間が24分を越えた場合は1ゲーム5点先取のFAST5へと移行する。

林昀儒のサーブ・レシーブが光る




写真:林昀儒(チャイニーズタイペイ・写真奥)/撮影:ラリーズ編集部

林昀儒とフランチスカは、これまで国際大会の舞台で対決したことがなく、今回が初手合わせとなった。

試合は第1ゲーム、互いに譲らず10-10となるが、最後はフランチスカが思い切った3球目バックハンドドライブを決め、11-10で1ゲームを先取する。

しかし、第2ゲームからは林昀儒が試合の主導権を握り、フランチスカを圧倒。得意のサーブ・レシーブから先手を取り、両ハンドで畳みかける得意の展開に持ち込むと、一気に3ゲームを連取する。

第5ゲームからはFAST5に突入。フランチスカが意地を見せ第5ゲームを制すも、第6ゲームは林昀儒が得意のチキータで攻め切り、5-2で勝利を決めた。

林昀儒は24日に行われる準決勝で、水谷隼(木下グループ)と林高遠(リンガオユエン・中国)の勝者と対戦する。

詳細スコア




写真:パトリック・フランチスカ(ドイツ)/撮影:ラリーズ編集部

〇林昀儒(チャイニーズタイペイ)4-2 パトリック・フランチスカ(ドイツ)
10-11/11-6/11-6/11-2/1-5/5-2

文:ラリーズ編集部