写真:マルコス・フレイタス(木下マイスター東京)/撮影:ラリーズ編集部

<ノジマTリーグ2019/20シーズン 11月23日(土)横浜文化体育館>

23日、Tリーグで2位琉球アスティーダ(以下、琉球)と3位木下マイスター東京(以下、KM東京)が対戦。KM東京が3-2で勝利し、連敗を2でストップした。

水谷、張本、丹羽の主力をT2ダイアモンドで欠くKM東京は新加入のマルコス・フレイタスがダブルスとシングルスで連勝し、大車輪の活躍を見せた。

マッチカウント2-2で迎えた5番のビクトリーマッチ(Tリーグ特別ルールの1ゲームマッチ)では、候英超(KM東京)が3番で敗れた有延大夢(琉球)と再戦。先にマッチポイントを握られた場面から逆転し、今季男子最多となるシングルス6勝目を挙げた。

木下新加入フレイタス、邱建新監督、試合後コメント

フレイタス「勝てて気持ちが良い。自分の居場所が見つけられた。テレビを見てる方に、サポートありがとうと言いたい。」

邱建新監督「(試合を振り返って)ずっと負けてきたので勝てて嬉しい。今日のポイントはフレイタス選手。張本、水谷、丹羽が不在の中で勝てたのでいつもより嬉しい」

スコア:木下マイスター東京 3-2 琉球アスティーダ

○フレイタス/田添 健汰 2-1 李 平/陳 建安
8-11/11-8/11-8

田添 響 1-3 荘 智淵○
11-8/3-11/7-11/7-11

侯 英超 1-3 有延 大夢○
9-11/9-11/11-5/6-11

○フレイタス 3-0 陳 建安
11-4/11-7/11-8

○侯 英超 1-0 有延 大夢
14-12

文:ラリーズ編集部