NHK杯ショートプラグラムで2位発進となった紀平梨花

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ最終第6戦NHK杯、女子ショートプログラム(SP)。昨季のGPファイナル女王の紀平梨花は、トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を成功させたが、3本目の3回転ループの着氷がやや乱れて出来ばえ点(GOE)で0.21点のマイナスとなり、合計79.89点と、80点の大台には乗らなかった。

 紀平にとってNHK杯は、昨年シニアデビューして初出場優勝を華々しく飾った記憶に残る大会。ここで2連覇して2年連続GPファイナル進出も果たしたいところだ。だが、SPでは今季シニアデビューしたロシアの”超新星”アリョーナ・コストルナヤの後塵を拝して首位と5.15点差の2位発進となった。

 試合後、紀平は自らの演技をこう振り返った。

「すべてのジャンプを着氷させることができて、高得点も出せてフリーにつながるいい演技だったんじゃないかなと思います。3回転ループは少し悔しいミスだったと思ったので、フリーにつながるいい演技はできたんですけど、修正しないといけないところでもあるので、明日は3回転ループやトリプルアクセルを含めたすべてのジャンプを確認して自信を持った練習ができたらいいなと思っています」

 得点源のトリプルアクセルは、会心の出来と言えるほど鮮やかに決めて、GOE加点で2.29点が出たほど。紀平自身も武器の出来ばえには満足だった。

「今日のトリプルアクセルはここ(札幌)での練習の中でもいいアクセルだったと感じていて、しっかり加点につながっていたのは、高さと幅が普段のトリプルアクセルよりもしっかり跳べるようになってきたなと感じているので、明日(のフリー)もSPのようなアクセルを跳びたいと思っています」

 今大会では、SP、フリーともに、これまでお披露目していない新調のコスチュームを着用している。SP『ブレックファースト・イン・バグダット』で着用した赤と黒のコスチュームはゴージャス感満載で背中に十字架のようなデザインをほどこした仕上がりになっていた。

 演技前に、ルール改正後に紀平自身が持っていたSP世界最高得点の83.97点を塗り替える85.04点の高得点を叩き出したコストルナヤの得点を見たという紀平は、少し動揺したようだが、しっかりと自分の演技に集中したところはさすがだった。

「コストルナヤ選手が85点を出したのを演技前に見てびっくりして。私もちゃんとノーミスの演技をしないといけないと少し焦ったんですけど、しっかりいい点数が出せたのでよかったです」

 9月のオータムクラシック前に左足首を痛めたことが影響して、まだ3回転ルッツを跳べず、プログラムから外しているため、自身ができる最高の演技構成を組むことができていない。

「いま、コストルナヤ選手とは5、6点開いているので、シーズン後半に向けて3回転ルッツを戻してこられるようにケガを治して、あとは完璧なクリーンなジャンプをしっかり跳べるようになれば、もっと点数が出せると思います。今回は、まだまだ伸びしろがある演技だったので、シーズン後半に向けて修正できるところは修正して、私も世界最高得点に近づけられるように頑張りたいと思います」

 まだ本調子ではない中で、紀平は自分自身を冷静に見つめていた。

 フリーで4回転サルコウという大技に挑戦する可能性については、「今回のSPでしっかり満足のいくいい演技ができたので、4回転サルコウに挑戦する可能性はあると思う。明日の調子の良さとか、ほかのジャンプの調子も確認して、自信のある状態にもっていって、何度か4回転サルコウが決まれば入れると思うので、最後の最後、フリーの練習で最終判断すると思います」と語っていた。

 ただし、23日朝のフリー公式練習では、4回転サルコウを跳ぼうとしていたが、曲かけを含めた練習では1本も跳べなかった。練習後の紀平は言葉少なに「4回転サルコウを跳ぶかは迷っています。思ったような練習はできなかった」と苦笑いを見せ、会場を離れた。

 日本女子としてシニア大会では初となる4回転ジャンプに挑戦するのか、注目が集まる。