写真:伊藤美誠(スターツ)/撮影:ラリーズ編集部

<T2ダイヤモンド2019シンガポール 2019年11月21日~11月24日>

22日、大会2日目を迎えたT2ダイヤモンド・シンガポール大会は1回戦が全て終了し、男女それぞれベスト8が出揃った。日本人選手は、出場した7人のうち伊藤美誠をはじめとする4人が準々決勝に駒を進めた。23日は男女シングルス準々決勝が行われる。

男子シングルス 2日目




写真:水谷隼(木下グループ)/撮影:ラリーズ編集部

大会2日目、日本からは水谷隼(木下グループ)が登場し、ドミトリ・オフチャロフ(ドイツ)との大激戦を制した。23日にベスト4を目指し準々決勝を戦う。




写真:鄭栄植(韓国)/撮影:ラリーズ編集部

そのほか、チームワールドカップの再現となった鄭栄植(チョンヨンシク・韓国)が梁靖崑(リャンジンクン・中国)に、林昀儒(リンインジュ・チャイニーズタイペイ)が張禹珍(チャンウジン)にそれぞれリベンジを果たした。また、世界卓球2019銀メダリストのマティアス・ファルク(スウェーデン)は林高遠(リンガオユエン)に競り負け初戦敗退を喫した。

女子シングルス 2日目




写真:平野美宇(日本生命)/撮影:ラリーズ編集部

1回戦に登場した平野美宇(日本生命)は、韓国の田志希(チョンジヒ・韓国)にゲームオールの末敗れた。「最終ゲームは、入れにいってしまい、チャンスボールをミスしたのが痛かった」と語った平野。五輪代表選考レース真っ只中で毎週のように試合が続いている。残る2大会に懸ける。




写真:孫穎莎(中国)/撮影:ラリーズ編集部

他には、丁寧(ディンニン)が何卓佳(フーズオジャー)との中国選手対決を制した。世界ランキング3位の孫穎莎(スンイーシャ)はチャイニーズタイペイの鄭怡静(チェンイージン)に快勝。地元シンガポールの馮天薇(フォンティエンウェイ)は、陳夢(チェンムン・中国)に敗れベスト8に進むことはできなかった。

男子シングルス見どころ




写真:水谷隼(木下グループ)/撮影:ラリーズ編集部

日本からは水谷、丹羽孝希(スヴェンソン)、張本智和(木下グループ)の3選手が準々決勝に進んだ。

ドミトリ・オフチャロフ(ドイツ)との大激戦を制して勝ち上がった水谷は、中国の林高遠(リンガオユエン)と対戦する。通算成績は、2勝1敗と林高遠が勝ち越している。水谷は「久しぶりの中国選手との対戦。自分の力を出し切って勝ちたい」と語った。ベスト4をかけたサウスポー同士の準々決勝から目が離せない。




写真:丹羽孝希(スヴェンソン)/撮影:ラリーズ編集部

オーストリアオープンで敗れていたウーゴ・カルデラノ(ブラジル)にリベンジした丹羽は、張本との日本人対決に。今年のアジアカップでは丹羽がゲームオールで勝利している。通常のルールと異なるT2ダイヤモンド。どんな展開が待ち受けているのだろうか。




写真:張本智和(木下グループ)/撮影:ラリーズ編集部

前回大会チャンピオンの林昀儒は、パトリック・フランチスカ(ドイツ)と対戦。今シーズン、林昀儒は馬龍(マロン)や樊振東(ファンジェンドン)など中国トップ選手にも勝利している。一方のフランチスカも林高遠や樊振東、方博(ファンボー)といった中国選手を倒している。今年の卓球界を盛り上げた両者がどのような戦いを見せてくれるのだろうか。

今大会第1シードの許昕(シュシン)は、1回戦で梁靖崑を下した鄭栄植と対戦。過去の対戦成績は8勝0敗と許昕が連勝中。鄭栄植が連敗をストップするのか、それとも許昕が連勝を9に伸ばすのか。

男子シングルス準々決勝 組み合わせ




写真:林昀儒(チャイニーズタイペイ)/撮影:ラリーズ編集部

林昀儒(チャイニーズタイペイ) – パトリック・フランチスカ(ドイツ)
許昕(中国) – 鄭栄植(韓国)
水谷隼(日本) – 林高遠(中国)
丹羽孝希(日本) – 張本智和(日本)

女子シングルス見どころ




写真:伊藤美誠(スターツ)/撮影:ラリーズ編集部

日本からは伊藤美誠(スターツ)とカットマン・佐藤瞳(ミキハウス)が準々決勝に進んだ。持ち前のサーブと抜群のコース取りで、石川佳純(全農)との日本人対決に勝利した伊藤は、またしても佐藤との日本人対決に。両者は今シーズン3度対戦しており、伊藤が3勝している。直近のオーストリアオープンでは4-1で伊藤が勝利している。しかし、佐藤も初戦、カットで粘り強く守り抜き王藝迪(ワンイーディ・中国)を破って勝ち上がってきた。伊藤の矛と佐藤の盾が交わる。

ベスト8のうち5名が中国選手となった女子シングルス。陳幸同(チェンシントン)と王曼昱(ワンマンユ)、孫穎莎(スンイーシャ)と丁寧(ディンニン)が中国選手同士の対決となった。




写真:陳夢(中国)/撮影:ラリーズ編集部

その一方で、今まで一度も勝ったことのない平野を下した田志希は陳夢(チェンムン・中国)と対戦する。過去0勝3敗と勝ったことのない陳夢にどのような戦いを挑むのだろうか。

女子シングルス準々決勝 組み合わせ




写真:王曼昱(中国)/撮影:ラリーズ編集部

陳幸同(中国) – 王曼昱(中国)
伊藤美誠(日本) – 佐藤瞳(日本)
田志希(韓国) – 陳夢(中国)
孫穎莎(中国) – 丁寧(中国)

T2ダイヤモンド・シンガポール大会1日目 詳細スコア

男子シングルス1回戦

マティアス・ファルク(スウェーデン) 1–4 ○林高遠(中国)
○鄭栄植(韓国) 4–3 梁靖崑(中国)
○林昀儒(チャイニーズタイペイ) 4–2 張禹珍(韓国)
ドミトリ・オフチャロフ(ドイツ) 3–4 ○水谷隼(日本)

女子シングルス1回戦

○孫穎莎(中国) 4–1 鄭怡静(チャイニーズタイペイ)
何卓佳(中国) 1–4 ○丁寧(中国)
馮天薇(シンガポール) 0–4 ○陳夢(中国)
平野美宇(日本) 3–4 ○田志希(韓国)

文:ラリーズ編集部