アレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)は、複雑なシーズンを終えたばかり。おそらく、新しいガールフレンドであるBrenda Pateaさんと最高の方法で終えたことだろうと、テニス関連ニュースサイトTENNIS TONICが伝えている。

今シーズンを世界ランキング7位で終えたズベレフだが、元エージェントのパトリシオ・アペイ氏とのトラブルから訴訟を起こすことになったり、元彼女のOlga Sharypovaさんとの複雑な関係に対応しなければならないなど、様々な問題に直面した1年だった。

ズベレフとSharypovaさんは、約1年間付き合っていたが、最近はどうやらかなり複雑な関係になっていたようだ。4月に一度別れたが、Sharypovaさんは夏の終わりに再びズベレフのボックス席で応援していた。10月の「ATP1000 上海」の時にも一緒にいるところが見られて、二人はうまくいっているという印象を与えていた。

しかしズベレフが昨年覇者として挑んだ「Nitto ATPファイナルズ」の会場に彼女の姿はなかった。そのかわりSharypovaさんはInstagramで自身のプーケットへの旅行を「宣伝」することに熱心で、InstagramでのQ&Aには独身と答えていた。ズベレフのInstagramにも、すでにSharypovaさんの痕跡はない。

とはいえ世界トップクラスのテニス選手でイケメンのズベレフは引く手あまただ。本人は否定していたがファッションモデルのLena Gerckeと噂になったあと、同じくモデルのBrenda Pateaが新しい彼女であると囁かれるようになった。ズベレフはすすんで私生活を公開しようとはしないが、Pateaさんは彼よりオープンにInstagramにヒントを残している。一部では彼女は既にズベレフの新しいパートナーだと言われているし、彼女はズベレフの応援席に座っており、これはだいたいロマンスの証だ。

ズベレフ本人から公表がなくとも、多くの人がInstagram上の彼女のメッセージは彼に向けられていると考えた。そのメッセージは「Nitto ATPファイナルズ」の週に投稿され、次のように綴られている。「この週はあなたのものよ。きっと獲れるわ!素敵な一日を」

ズベレフは、シーズン最終戦「Nitto ATPファイナルズ」で準決勝に進出したが、ドミニク・ティーム(オーストリア)に敗退。今季の成績は44勝25敗、「ATP250 ジュネーブ」で1タイトルを獲得したほか、「ATP500 アカプルコ」と「ATP1000 上海」で準優勝している。

(テニスデイリー編集部)

※写真は南米でエキビションマッチに参戦しているズべレフ

(Photo by Marcelo Endelli/Getty Images)