明日に迫った11月23日(土)、ついに迎える早慶戦。慶應スポーツでは、蹴球部リーダー陣や主力選手たちにインタビューを実施。早慶戦に向けての意気込みを聞いた。

主将:CTB栗原由太(くりはら・ゆうた=環4・桐蔭学園)

――早慶戦に向けて

完全燃焼したいです。僕たちにも慶應のプライドがあるので、その姿勢を貫き通したいです。そして、その先で勝利をつかみ獲りたいと思います。早稲田よりもひたすら泥臭く、ひたすら立ち上がって、這いつくばってでも勝ちにこだわりたいです。もう悔しい気持ちをするのは嫌なので、全力を出し切ります。

副将:FL川合秀和(かわい・ひでかず=総4・國學院久我山)

――早慶戦といえば川合さんは、2年次は試合終盤の途中出場、昨年はフル出場でした

「早慶戦といっても対抗戦のひとつでしかない」と今までは思っていたんですけど、大学選手権に出られないとなった以上、勝たなくてはいけない特別な試合になりました。(対抗戦で)残されているのは早慶戦と帝京戦だけなので。

最後に結果を残して、チームに何かを残すとしたら、勝つしかないです。自分を出すだけですね。結果を残して、今まで培ってきたものを全部出して終わりたいです。

――特に見てほしいところはありますか

しっかりと慶應らしいプレーをして、慶應ラグビーを表したいですね。最後の意地を見せつけてやりたいですね。愚直に、泥臭くタックルして、少しでも前に出て、30フェーズくらい重ねてやっとトライをとるみたいな。そういうラグビーがしたいですよね。

FR(フロントロー)リーダー:HO安田裕貴(やすだ・ひろき=政4・慶應)

――早慶戦を控えた今の率直な気持ちをお願いします

早慶戦は対抗戦の中でも特別な舞台なので、まずは早慶戦というもの自体を楽しめたらいいなと思います。慶明戦ではフォワードが準備してきたモールとかの部分を出し切れなかったので、しっかりと自分たちが春から準備してきたことを出し切りたいなと思います。

――個人的な目標、意気込みは

おそらく後半から出ると思うのですが、しっかりブースターらしくインパクトのある、後半からチームを勢いづけられるようなプレーをしたいなと思っています。がむしゃらに、ひたむきに気持ちのこもったプレーが出来たらいいなと思います。最後なので自分自身も納得したいですし、後輩にも何かを感じ取ってもらえるような気持ちのこもったプレーをしたいです。

LO(ロック)リーダー:LO相部開哉(あいべ・かいと=政3・慶應)

――早慶戦に懸ける想いは

今年は全然勝てていなくて…まず慶應の意地をみせたいです。このままじゃ絶対良くないと思うんですよね。今まで格下だと言われていた日体や筑波に負けるっていうのは屈辱的であるべきで、もっと危機感を感じなくてはならないと思っています。

これからの試合は、慶應ラグビー部の意地というか、プライドを取り戻す、そういう一戦になると思います。何が何でも勝ちにいくというか、そういう気持ちで試合に臨みたいですね。

HB(ハーフバックス)団リーダー:SH若林俊介(わかばやし・しゅんすけ=政3・慶應)

――早慶戦への思いと、意気込みをお願いします

こういう苦しい状況に立たされた中でどういう試合ができるかという、今年の代の真価が問われる試合となると思います。そういった気持ちをリーダー陣から姿勢という部分で示していければと思っています。早稲田という強者相手に自分たちの1年間やってきたことをしっかりぶつけるんだという気持ちを見せつけます。

CTB(センター)リーダー:CTB三木亮弥(みき・りょうや=総3・京都成章)

――早慶戦に特別な思いなどはありますか

昨年の11月23日は、その前の明治戦で怪我をしてしまい、自分としては一番注目される試合だったので出たかったのですが出られませんでした。そして負けてしまいました。(その後、早大と再戦となった)選手権でも最後の逆転されてしまった瞬間はベンチから祈ることしかできませんでした。もう負けたくないですね。

HO原田衛(はらだ・まもる=総2・桐蔭学園)

――早慶戦に向けて

今年の早稲田はものすごく強くて、簡単に倒せる相手ではないと思っていますし、特に誰がと言うよりは全員が強敵になってくるんじゃないかなと思っています。それでも泥臭さや直向きさでは負けてないので、その辺りでしっかり勝てるようにしていきます。本当にもう勝つしかないので自分にできることは全部やります。

FL山本凱(やまもと・かい=経2・慶應)

――今年度の早慶戦に懸ける想いを教えてください

早稲田に全然勝ててないし、早稲田(が相手ということ)とかを抜きにしても今年は全然勝てていません。

死ぬ気で…本当にすべてを懸けなきゃいけないな、と思っています。

SO中楠一期(なかくす・いちご=総1・國學院久我山)

――早慶戦に向けての意気込みは

大学選手権の出場は厳しい状況に置かれていると思います。しっかり慶應らしいラグビーを見せて、慶應の存在を示すような試合をして勝ちたいです。

WTB鬼木崇(おにき・たかし=法1・修猷館)

――早慶戦に向けての意気込みは

トライを取って活躍したいです。早大には、中野将伍、古賀由教、小林賢太など(修猷館高校がある地元の)福岡で活躍した選手が多いです。因縁の相手が多いので負けたくないです。

WTB宮本恭右(みやもと・きょうすけ=環3・慶應)

──早慶戦に向けて

低くて、苦しい中でも走り回って、まとまって戦うという慶應のラグビーを絶対に見せられると思いますし、絶対に勝てると信じています。これまで自分の思うようなプレーができなかった分、強みを最大限に生かしたいです。試合が終わったときに、みんなでガッツポーズしていたいですね。

FB沖洸成(おき・こうせい=総3・尾道)

――早慶戦に向けて

自分の持ち味をしっかり出して、チームを勝利に導けるよう全力で頑張ります。

――4年生へのメッセージはありますか

早稲田以外にはどこにも勝ってないので、一緒に勝利を挙げたいです。

早慶戦はいよいよ明日、11月23日(土)秩父宮ラグビー場で、14時05分キックオフ。

両校の戦力分析&見どころ記事はこちらから