写真:鄭栄植(韓国)/撮影:ラリーズ編集部

<T2ダイヤモンド2019シンガポール 2019年11月21日~24日>

22日、T2ダイヤモンド2019シンガポール・男子シングルス1回戦で、世界ランキング7位の梁靖崑(リャンジンクン・中国)と世界ランキング21位の鄭栄植(チョンヨンシク・韓国)が対決し、鄭栄植がフルゲームの末勝利を手にした。

T2ダイヤモンドは、7ゲームマッチのシングルス形式だが、従来の卓球のルールとは異なり、デュースなしの1ゲーム11点先取で行われる。また、試合時間が24分を越えた場合は1ゲーム5点先取のFAST5へと移行する。

鄭栄植がリベンジを果たす




写真:鄭栄植(韓国)/撮影:ラリーズ編集部

先日行われたチームワールドカップでは、決勝の第3試合でフルゲームの激闘を繰り広げた両者。その際は梁靖崑が鄭栄植のマッチポイントをしのぎ、勝利をもぎ取った。

今回も熱戦となることが予想されていた両者の対決。第1ゲームを鄭栄植が先取すると、第2ゲーム10-10の場面も鄭栄植が制し、ゲームカウントを2-0とリードする。

このまま鄭栄植が押し切るかと思われたが、第3ゲームは梁靖崑がYGサーブを多用する戦術に切り替え、11-7でこのゲームを奪う。しかし第4ゲームは再び鄭栄植に流れが傾き、サーブ、ラリーで梁靖崑を圧倒。ゲームカウントを3-1とし、勝利に王手をかける。

FAST5に突入した第5ゲームも鄭栄植の勢いは止まらず、4-2でついにマッチポイントを握る。しかし、ここから梁靖崑が意地を見せ、怒涛の3連続ポイント。第5ゲームをひっくり返すと第6ゲームも制し、勝負は最終第7ゲームへともつれ込む。

鄭栄植にとってはチームワールドカップの敗北が蘇る嫌な展開となったが、それを払拭するように最終ゲームでは1ポイント目から声を張り上げ、自身を鼓舞した。そして再び迎えた鄭栄植のマッチポイント。4-1から4-3まで追い上げられるも、最後は梁靖崑のツッツキがオーバーし、その瞬間、鄭栄植は両手を大きく突き上げた。




写真:鄭栄植(韓国)/撮影:ラリーズ編集部

鄭栄植がフルゲームの激闘を制し、同時にチームワールドカップのリベンジを果たした。勝利した鄭栄植は、23日に行われる準々決勝で中国の許昕(シュシン)と対戦する。

詳細スコア




写真:梁靖崑(中国)/撮影:ラリーズ編集部

梁靖崑(中国)3-4 〇鄭栄植(韓国)
5-11/10-11/11-7/3-11/5-4/5-2/3-5

文:ラリーズ編集部