今回の近畿地区大会で男子準優勝に導いた阪本龍一監督率いる興国高等学校の主将でS1の脇坂留衣(わきさかるい)選手にインタビューを行った。

Q:準優勝の原動力は何でしたか?

「チームが一丸となって声を出し全力で戦い抜き、日頃からトレーニング中などお互いに励まし合い、練習からチームの絆を深め合えたことです」

Q:チームの目指していることを教えて下さい。

「疾風迅雷 ONLY ONE!疾風迅雷のごとく、すばやく駆け抜け雷のように激しく持てる力を発揮する。興國高校の教育目標である自らの個性を磨き輝く」

Q:S1の選手として一番得意なショット・プレースタイルは何ですか?

「回り込んで逆クロスショットや、自分から先に攻めてポイントを取りに行くことです」

Q:S1としてチームにどのように貢献していきたいですか?

「S1として最初に1本取り勢いをつける。声を出してチームを盛り上げる」

初出場で「近畿地区大会」準優勝という輝かしい結果に、部員たちの喜びは、とても大きかったと話す阪本監督。

自分たちの力で、歴史の1ページを開いた興国高等学校テニス部の皆様、これからもチーム一丸となり頑張れ!

全国選抜高校テニス大会 チーフアドバイザー宮崎愛伎代

※写真は興国高等学校の皆さん(©全国選抜高校テニス大会実行委員会)