写真:ガッツポーズを見せる丹羽孝希(スヴェンソン)/撮影:ラリーズ編集部

<T2ダイヤモンド2019シンガポール 2019年11月21日〜24日>

21日、T2ダイヤモンド2019シンガポールが開幕。男子シングルス1回戦に、丹羽孝希(スヴェンソン・11月世界ランキング11位)が登場し、ブラジルの若きエース、ウーゴ・カルデラノ(同6位・ブラジル)と激突した。

デュースなしの11点先取、7ゲームマッチで、試合時間が24分を超えると、5点先取のFAST5形式となる、特殊な方式で行われるこのT2ダイヤモンド。サーブレシーブで先手を取った丹羽が、随所に鮮やかなカウンターも決め、4-2で勝利を収めた。

丹羽の超速攻が炸裂




写真:強烈なチキータを見せたウーゴ・カルデラノ(ブラジル)/撮影:ラリーズ編集部

両選手は先週のオーストリアOP準々決勝で対戦。この時は、大きなラリー戦に持ち込んだカルデラノが、4-2で接戦をものにしている。

今回の試合は、1ゲーム目、レシーブでチキータを得意とする丹羽があえてのフォア前ストップを選択。サーブもフォア前に集め、チキータをさせない組み立てを見せ、7-3とリードを奪う。しかし、相手は11月世界ランキング6位のカルデラノ。そのフォア前のサーブに対して連続で強烈なチキータを打ち込み、丹羽のブロックを吹き飛ばして追い上げる。

10-10の競り合いとなったが、ここで丹羽はレシーブでまたもフォア前ストップを選択。カルデラノの3球目フォアフリックを素早く回り込み、カウンターで鮮やかに抜きさり1ゲームを先取した。




写真:丹羽孝希(スヴェンソン)/撮影:ラリーズ編集部

2ゲーム目、丹羽はカルデラノの豪打に押され、4-8とリードされるも、そこから前陣、そして後陣でも回り込みフォアカウンターを見せて7-8まで追い上げる。

ここでカルデラノは流れを切るためタイムアウト。その後、意地を見せたカルデラノが強烈なボールを打ち込みゲームポイントを握ると、次のラリーでも、丹羽の後陣からのバックカウンターを冷静に返球し、やや甘くなったボールをフォアストレートに打ち抜くスーパープレイを披露。ゲームカウントを1-1のタイに戻した。




写真:サーブを繰り出す丹羽孝希(スヴェンソン)/撮影:ラリーズ編集部

追いつかれた丹羽は、3ゲーム目、レシーブでカルデラノに的を絞らせない。サーブもフォア前とバックロングに出しわけ、強烈なチキータを封じる。序盤のリードを守り切った丹羽が、11−6でこのゲームを奪った。

4ゲーム目、カルデラノはサーブに上回転を混ぜ、丹羽のストップレシーブを浮かせる作戦にでる。前に落とすバックフリック、バックロングサーブからの3球目バックドライブなど多彩な技を見せ、勢いに乗ったカルデラノがこのゲームをとり、またも2-2のイーブンに。このゲームで24分が経過し、試合はFAST5に突入した。

勝負の5ゲーム目、丹羽はカルデラノのチキータを打点早く返球し、台から下げる展開へ持っていく。4-3の場面でタイムアウトを取った丹羽が、思い切ったバックロングへのサーブでカルデラノを後陣に追いやると、最後はチャンスボールをフォアサイドに叩き込みガッツポーズ。勝利まであと1ゲームと迫った。




写真:拳を握る丹羽孝希(スヴェンソン)/撮影:ラリーズ編集部

6ゲーム目、丹羽はカルデラノのバックロングサーブを読み、回り込んでシュートドライブで攻撃し得点。さらに、意表をついたバックロングサーブでリードする。ここでカルデラノのフォアクロスへのパワードライブを、早い打点でストレートに抜きさる圧巻のカウンターを見せた丹羽。最後は猛烈に切れたサーブをフォア前に出し、カルデラノのチキータがネットにかかりゲームセット。

勝利の瞬間、小さく拳を握った丹羽。見事オーストリアOPの雪辱を果たした。丹羽は準々決勝で張本智和(木下グループ)との日本人対決を迎える。

丹羽「5点勝負になった時は戦いやすい」




写真:丹羽孝希(スヴェンソン)/撮影:ラリーズ編集部

勝利後のインタビューでは「今回はもともと出られない大会だったので、(その分)すごくリラックスしてプレーできたのが良かった」とコメントした丹羽。対戦相手のカルデラノに対して「この間対戦することができたので、サーブレシーブの特徴をしっかり把握して、作戦を立てることができた」と、短期間できっちり対策を立て直し、見事リベンジを果たした。

また、T2の形式については「自分はサーブレシーブが得意なので、5点勝負になった時は戦いやすい」とコメント。張本との準々決勝に向けても「向かっていくだけなので、今日みたいにゲームを先行してなんとか5点勝負まで持っていきたい」と意気込みを話した。

さらに「ドイツオープンで負けてから吹っ切れた。そこから自分の調子も上がってきたり運もめぐってきたりしたので、張りつめていた気持ちを解放したら良くなったかな」と心境の変化から思い切ってプレーできていることを明かした。

詳細スコア

○丹羽孝希 4-2 ウーゴ・カルデラノ(ブラジル)
11-10/8-11/11-6/3-11/5-3/5-2

文:ラリーズ編集部