写真:張本智和(木下グループ)/撮影:ラリーズ編集部

<T2ダイヤモンド2019シンガポール 2019年11月21日~11月24日>

21日、T2ダイヤモンドシンガポール大会が開幕し、日本から張本智和(木下グループ)が登場した。対戦相手は、地元枠で出場した周哲宇(チュウ・クラレンス・シンガポール)だ。両者初対決となったこの試合は、4-1で張本が勝利を収めた。

T2ダイヤモンドは、7ゲームマッチのシングルス形式だが、従来の卓球のルールとは異なり、デュースなしの1ゲーム11点先取で行われる。また、試合時間が24分を越えた場合は1ゲーム5点先取のFAST5へと移行する。

張本智和、T2ダイヤモンド初の2回戦へ




写真:張本智和(木下グループ)/撮影:ラリーズ編集部

11月世界ランキング5位と日本人トップの張本が、シンガポールの周哲宇に勝利した。

第1ゲームから声を出した張本。サーブで先手を取りラリーを有利に進めた張本が幸先よく第1ゲームを先取する。このまま張本ペースかと思われたが、第2ゲームは周哲宇のペースに。広角に攻めてコースを絞りづらくさせ強打をさせなかった周哲宇。張本は焦りも出て、このゲームを失った。

第3ゲームは、一転して張本が主導権を握る。張本は、レシーブから積極的に攻め6-0と大きくリードを広げる。周哲宇はうまく対応できず、空振りやラケットの角に当てる場面が多くみられた。最後までリードを保った張本が第3ゲームを獲得した。

第4ゲームは中盤まで差が広がらない展開に。8-7と張本がリードしたところで周哲宇がタイムアウト。8-8と追いつかれたあと張本は思い切ったチキータレシーブ、続いてドライブの連打でゲームポイントを握る。10-9と一点差に詰められたところで張本がタイムアウト。10-10と追いつかれるも、張本が強気のチキータレシーブをストレートに送り、第4ゲームの競り合いを制した。

第4ゲームの途中で24分が経過したので、第5ゲームから5点先取のルールに移行した。得意のバックハンドでリードを広げ4-2とマッチポイントを掴むと、最後は周哲宇のボールがネットを越えずゲームセット。張本が苦しみながらも1回戦突破を決めた。

今大会第3シードで臨む張本は、準々決勝へ駒を進めた。前大会は、1回戦で中国香港のエース黄鎮廷(ウォンチュンティン)に敗れ上位進出を阻まれていた。2回戦へ進む張本の対戦相手は、本日夜に行われる丹羽孝希(スヴェンソン)とウーゴ・カルデラノ(ブラジル)の勝者となる。中国選手と準決勝まで対戦しない組み合わせの張本。彼の雄叫びはどこまで轟くのだろうか。

張本智和 試合後コメント




写真:張本智和(木下グループ)/撮影:ラリーズ編集部

相手は地元の強い選手なのでたくさん準備して一球も気を抜かないようにした。今までにはない試合の形式だが全力で試合を戦って勝ちにいきたい。

(T2ダイヤモンド独自の5点先取になるルールに)前大会は意識しすぎるところがあった。今回は2回目なので慣れてきた。しっかり準備して次の試合に備えたい。

詳細スコア




写真:周哲宇(シンガポール)/撮影:ラリーズ編集部

○張本智和 4-1 周哲宇(シンガポール)
11-6/7-11/11-5/11-10/5-2

文:ラリーズ編集部