11月20日から鹿児島県で第89回全日本ボクシング選手権(以下、全日)が行われます。そこで全日までのカウントダウン企画として、今年出場する8人の選手をご紹介します。8日目となる今日は、75㌔級の田中廉人選手です。


 代替わりで副キャプテンに就任した田中選手は、リーグ戦でミドル級として出場し、4勝を収めました。そんな田中選手の趣味が音楽を聞くこと、特にヒップホップが好きなそうです。ボクシングを始めたきっかけや、東洋大OBの村田選手(H19年度営卒)との関係についても教えてくださいました。(取材日・11月9日、聞き手・長枝萌華


 


——ボクシングを始めたきっかけは何ですか

 

空手を幼稚園の年中からやっていました。空手は10年間やっていたんですけど、そのときにKー1甲子園が流行って。テレビでやっていてかっこいいなと思っていた選手が同じ地区の選手でした。名前を調べたらボクシングジムにいて、見に行くかってなったらたまたまいて、それでいろいろ話して、憧れて入ったって感じですね。

 

——ボクシングを続けている理由があれば教えて下さい

 

試合が楽しいからっていうのと、家族みんなに協力してもらっているので、少しでも恩返しできたらなと思います。

 

——ありがとうございます。では、リーグ戦を振り返っていかがでしたか

 

今年のリーグ戦は5戦戦って4勝できました。しかし、日大と東洋大の優勝がかかっている戦いで4ー4でまわってきて自分が負けてチームも負けてしまったんですけど、逆にそれがいい機会になったかなと。なかなか4-4の緊張感を味わえるのは自分が出ているミドル級しかないので、すごくいい経験だったなと思います。


——リング下からの声は結構聞こえるんですか

 

すごい聞こえます。でも4-4のときは頭真っ白になって聞こえなかったです。

 

——中大戦で階級を落としたことについて詳しくお願いします

 

中大戦の1週間前くらいに全日本と国体の予選が地元であって、1週間ちょっとで落としたのであまり良い状態ではなかったのですが、やっぱりミドル級がいいですね(笑)

 

——来年のことを考えて落としたわけではないのですか

 

来年もミドルです。それは譲れないです。

  

——3年生になって心境の変化はありますか

 

副キャプンテンという立場に就いたんですけど、みんなの見本になって引っ張っていけるように頑張りたいです。

 

——副キャプテンからみてチームはどうですか

 

声とかも出ていて活気のあるチームかなと思います。でもまだまだ王座決定戦までに上げていかないとダメですね。

 

——リーグ戦から個人戦になっていくなかでどのような練習をされてきましたか

 

練習では個人的に結構リーグ戦のときが一番動きがいいです。リーグ戦はみんなで頑張っているので、そのときの気持ちを忘れずに頑張っています。

 

——リーグ戦と個人戦では気持ちも違いますか

 

全然違います。個人戦は変に余裕を持ちすぎてしまうというか。個人は自分だけじゃないですか。リーグ戦は戦うのは個人ですけど、チームの勝ち負けがあるので、リーグ戦は自分のなかでお祭りだと思って楽しんでやってます。

 

——試合前のルーティーンはありますか

 

音楽を聞くことです。ヒップホップが大好きなので、決まった音楽をずっと聞いています。

 

——ライバルはおられますか

 

ライバルはいないですね。自分が一番下だと思って常にやっているので、ずっと追いかけてやっています。

 

——逆に目標にしている選手はおられますか

 

目標にしている選手もたくさんいるんですけど、OBの村田選手は何回か手合わせもさせてもらってアドバイスもいただいています。

 

——特にどういうアドバイスを受けたのですか

 

最初の頃はフェイントのかけ方、相手のプレッシャーのかけ方は自分が思っていることと村田さんが思っていることが違っていてヒントをもらいました。それで自分で意識してやったらプレッシャーをかけられるようになったので、ヒントをもらったって感じです。精神的なことより技術的なことを教えていただいています。

 

——国体を振り返っていかがですか

 

国体は自分準優勝だったんですけど、個人戦で決勝の舞台に行ったことがなかったのでいい経験になりました。でもリーグ戦で負けた日大の荒本選手と国体でも戦って、リーグ戦よりは接戦にすることができました。リーグ戦は攻めすぎて相手に余裕をもたれてやられたと思ったので国体では逆に自分が余裕を持とうと思ったら持ちすぎちゃって。うまくいかなかったです。 

 

——国体から今まで特に意識して練習していることはありますか

 

左のリードはずっといい感じなので、右を相手にどうやって当てるかをずっと意識しています。

 

——全日を迎えた心境はどうですか

 

そろそろはじまるな、と。

  

——注目してほしいご自身のプレーがあれば教えてください

 

自分の持ち味はスピードです。スピードと自分のなかで得意だなと思っていることは相手の攻撃を受けてから返す、というのが他の人より速いんじゃないかなと思っています。あとは左ボディですね。

 

——全日での目標をお願いします

 

優勝です。

 

——ありがとうございます。(全日特集1日目)川谷選手はどんな選手ですか

 

リーグ戦のときもトップバッターで全勝してチームを活気づけてくれて、見ていて安心します。あとは可愛いですね。でも練習はとても真剣です。練習の1番最後にバックラッシュというサンドバッグの連打があるんですけど、誰よりもいい連打をするんじゃないかなと思っています。

 

 

田中選手ありがとうございました!

いよいよ明日から全日がスタートします。

今回取材にご協力いただいた選手のみなさんの応援をよろしくお願い致します!



◆田中廉人(たなか・れんと)

  

学部・学科・学年/文学部・史学科・3年

 出身校/享栄

身長・体重/176㌢・73㌔

生年月日/H11・2・4

血液型/A型

階級/75㌔級 

好きな果物/梨