第93回関東大学サッカーリーグ戦(後期)1部第21節 

11月16日(土)  県立保土ヶ谷公園サッカー場


東洋大2-1専大


<得点者>(アシスト)

15分 前田(小林拓夢)

34分 松崎


<出場メンバー>

▽GK

松本健太(国4=柏U-18)


▽DF

坂本涼斗(国3=柏U-18)

板倉洸(国3=横浜FM・Y)

土田直輝(国3=大宮Y)

野本幸太(国3=市立船橋)


▽MF

松崎快(国4=大宮Y)→90+2分 横山塁(国2=FC東京U-18)

坪川潤之(国4=矢板中央)

山下勇希(国2=昌平)

前田泰良(国1=鹿島Y)


▽FW

小林拓夢(国4=帝京長岡)→90分 佐々木銀士(国1=青森山田)

荒川勇気(国4=旭川実業)


追加点を挙げた松崎


今節でも野本のキック精度は光った


体を張り守備をする坪川



 リーグ戦を残り2節とし迎えた専大戦。例年引き分けはするものの勝ち切る事が少なかった専大に対し前半だけで2得点。後半1失点するもののリードを守り、勝ち点3をもぎ取った。


 立ち上がりはひやりとするシーンが続いた。開始わずか6分で2本のCKと1本のシュートを許してしまう。しかしGK松本が片手でボールの軌道を逸らすナイスセーブを見せるなどし得点させない。虎視眈々と攻撃の隙をうかがう東洋大に15分、チャンスが訪れる。野本が小林拓夢へグラウンダーのクロスを通すと、小林がそれをゴール正面にいた前田にパス。受け取った前田が放ったミドルシュートはゴール右隅へ突き刺さり先制点を奪取した。34分には混戦から抜け出した松崎がそのまま持ち上がりシュート。スコアを2-0として前半を終えた。


 そのまま流れに乗りたいところだったが、後半は前半から一転し専大が支配権を握った。65分、66分と連続してピンチを招いてしまう。どちらも松本をはじめとするDF陣の体を張ったプレーで難は逃れたものの、自陣で我慢する時間が長く続いた。そして39分には焦りからかファール判定を受けてしまい、PKから失点。3試合連続でのクリーンシートとはならなかった。  しかしリードは守り切り、2-1で最終節に望みをつないだ。


 リーグ戦終盤にして3連勝と流れをつかみ始めた東洋大だが、残留には最終節での勝利が絶対条件となる。他会場の結果次第ではあるが、まず勝利しなければ降格。チーム一丸となって最終節での勝利を目指す。



◼︎コメント

・古川監督

まず自分たちが勝たない事には最終節を待たずしてという可能性があったので、我々がきっちり勝ち点3取る戦いをしようという形で選手を送り出した。前節同様に前半は集中した入りを見せてくれて、2点リードで折り返せたというところがゲームを優位に運べた要因になったと思う。後半は引き分け以上で残留だったのでシステムを変えてきたりメンバーを早い段階で変えてきたりしてきた中で攻め込まれる時間が長かったが、最終的に勝ち点3をとって最終節につなげられたということが今日の全てだったと思う。(後半前に選手にかけた言葉は)2点リードしている状況だったが、これから厳しい45分が始まるからしっかり走って戦ってこいと。チャンスがあったら3点目をとって試合を決めてしまおうという事を話した。粘り強く幾度となくピンチはあったが全力で戦って勝ち点につなげてくれた選手たちをたたえたい。(最終節に向け)他力なのは変わらないが、まず自分たちが勝ち点3を取れなかった時点で降格が決まってしまうので、まずは他会場云々よりもしっかり勝ち点を取ってあとは天に委ねると言うような状況に持っていければとおもう。あとは悔いがないようにラスト1節に向けていい準備をしていきたい。


・坪川(国4=矢板中央)

負けたら終わりというゲームですごくみんな気合が入っていた。その中で前節もすごく前半からいい入りができて、1点失点してしまったが、チーム全体で応援も含めて1つになって戦えていたなと思う。(相手の印象は)専修は攻撃がすごいチームで得点数もリーグで高いチームだったので、どれだけ自分たちがそこを耐えきれるかというのも鍵になったと思うし、その分失点も多いというのは前日のスカウティングであったので、そこを全員がうまく共有して戦えていたなと思う。(3連勝中のチームの雰囲気は)3連勝してるから特にいいという訳でもなくて、ずっと後期から入ってチームの雰囲気は負けたゲームもみんな結構前を向いてプレイできていたので、この後期リーグはずっと「凡事徹底」という言葉を使いながら当たり前のことをやっていけてて、そこがうまくこの3節で勝利に結びついているのはすごくいいと思うし、練習の雰囲気もいいかなと思う。(最終節へ向けて)さっき結果を聞いたら残留争いしているチームが勝ったそうなので、自力でいける残留は今なくなってしまったが僕らが最終節勝てばまだ他力での残留があるので、4年生にとっては最後の1週間になるので、勝つための準備をしていきたい。


・松崎(国4=大宮Y)

勝たないといけない試合がずっと続いているのはわかっていて専修さんの攻撃も結構人数かけてきて片側のサイドにかけてきて厚みのある攻撃をしてくるっていうのはスカウティングでわかっていたのでそこに対してカウンターやショートカウントを結構狙っていた。チームとしてもカウンターで決めることができた。自分たちがスコアで有利になった上で2点目取れて後半は少し押し込まれたが1点で失点を抑えられたことは良かった。(得点シーンの振り返り)セカンド拾って目の前にボール来てなんとなくこれはいけるなと感じたのでペナルティーエリア内だったので相手にうまく体を預けながら前向けましたしシュートはゴールに入って良かった。(最終節に向けて)早稲田が明治に勝ったので専修さんが早稲田に勝ってくれないと東洋の望みはないがまずは自分たちがしっかり勝ち点3を取って結果を待つ。最後まで諦めないのが大事かなと思う。


・野本(国3=市立船橋)

残留に向けて絶対に勝ちがマストな試合だった。前半は自分たちが攻撃できたが後半は守る展開が多くてよく守り切って勝ち点3をもぎ取れたなという試合だった。(相性の悪い専大に勝利して)専大は攻撃が特徴で、取られた後のカウンターとか攻撃力の高いチームだったが、そこを守り切れたことは自信につながる。(1点目について)ボールを取った瞬間にスペースが空いているなと思ったのでボールをもらえたら自分がゴール前まで行こうと思っていたが、ボールをもらった時逆サイドがフリーだったのでそこに早いボールを流し込むことができた。(最終節に向け)残留に向けて勝って待つ展開になると思うので、まず自分たちが勝って、他の会場の結果を見守ることができるようにしたい。


[次節試合予定]

第93回関東大学サッカーリーグ戦(後期)1部第22節 

11月23日(土) vs中大 中央大学多摩キャンパスサッカー場にて 14:00キックオフ



TEXT=渡部穂乃花 PHOTO=谷口奏生、牧田のどか、友寄慈温