写真:伊藤美誠(スターツ)/提供:ittfworld

<ITTFワールドツアー・オーストリアオープン 2019年11月12日~11月17日>

17日、大会6日目の最終日を迎えたオーストリアオープンでは女子シングルス準決勝が行われた。日本の伊藤美誠(スターツ)が登場し、中国の若手左腕である銭天一(チェンティエンイ)と対戦。銭天一は準々決勝で日本の早田ひな(日本生命)に勝利し勝ち上がってきた。伊藤と銭天一は過去3度対戦があり、2勝1敗で伊藤が勝ち越しをしており、直近の2019年ドイツオープンでも伊藤が勝利している。結果はゲームカウント4-0で伊藤に軍配があがった。

伊藤がサーブからの展開で圧倒




写真:銭天一(中国)/提供:ittfworld

1ゲーム目、伊藤はサービスエースだけでなく相手が合わせて入れにきたレシーブをスマッシュで強打し、自分のサーブから点数を重ねる。銭天一はロングサーブを多用してきたが伊藤がしっかり対応し1ゲーム目を取る。

2ゲーム目は序盤銭天一がレシーブを合わせるのではなく攻めるようになり1-5とリードされ、伊藤のスマッシュミスもあり4-8とリードを奪われる。4-8となった次の展開で伊藤がカットブロックして高く浮いたチャンスボールを銭天一がミス。そこから3連続で伊藤が取り7-8となったところで銭天一サイドがタイムアウトを要求した。タイムアウト明け後も流れは変わらず、11-9でこのゲームを逆転で取る。

3ゲーム目は銭天一が伊藤のスマッシュに対し、前陣ではなく少し下がった位置から対応するようになり長いラリーが続くようになった。銭天一が長いラリーを制する一方で、伊藤もサーブの立ち位置やフォロースルーを変えることで相手に的を絞らせずサーブから点数を重ね一進一退の状態が続いた。9-9から相手が伊藤のレシーブに対し返球がミスとなり、11-9で3ゲーム目も連取。決勝進出まで1ゲームとする

4ゲーム目も伊藤の流れは変わらず、多彩なサーブから点数を重ねていく。3ゲーム目から少し下がった状態で待っている銭天一に対し、バックの表で前後に動かしスマッシュで叩くなど終始伊藤の展開となり4ゲーム目も獲得し、伊藤が勝利をおさめた。

伊藤が多彩なレシーブから相手を崩しスマッシュで叩く戦法を徹底した一方で、銭天一は毎回変わる伊藤のサーブに対し最後まで合わせることができずミスを重ねてしまった。

4-0というスコアながら、2,3ゲーム目は一進一退の状態が続いた試合を振り返った伊藤はインタビューで「一つ一つのゲームは凄く接戦で、どうやって1ポイント取るかをすごく考えました」と回答。「あと一試合自分のプレーをして、楽しんで臨みたい」と決勝の意気込みを語った。

勝利した伊藤は続く決勝で、朱雨玲(ジュユリン・中国)とシングルス優勝をかけて対戦する。

詳細スコア

〇伊藤美誠 4-0 銭天一
11-6/11-9/11-9/11-6

文:ラリーズ編集部