写真:香港オープンのときの伊藤美誠(スターツ)/提供:ittfworld

<ITTFワールドツアー・オーストリアオープン 2019年11月12日~11月17日>

16日、大会5日目を迎えたオーストリアオープンでは女子シングルス準々決勝が行われた。日本の伊藤美誠(スターツ)が登場し、チャイニーズタイペイの鄭怡静(チェンイージン)と対戦。これまでの戦績は伊藤の3勝2敗で勝ち越してはいるものの、直近の試合では敗北を喫している鄭怡静との試合だ。結果はゲームカウント4-1で伊藤に軍配があがった。

”巻き込みサーブ”で完封




写真:香港オープンのときの鄭怡静(チャイニーズタイペイ)/提供:ittfworld

1ゲーム目、鄭怡静は伊藤に打たせた球をカウンターする戦術で、伊藤を圧倒。伊藤もロングサーブなどで対抗するも、相手の球威に押されて1ゲーム目を落とす。

2ゲーム目、伊藤は得意の巻き込みサーブからの展開に持ち込む戦術を取るも、鄭怡静の徹底したミドル攻めに苦しむ。それでも最後は伊藤が押し切って11-8で2ゲーム目を奪取する。

3ゲーム目、鄭怡静のフォアを狙う伊藤。後陣からの強打で打ち抜かれる場面も見られたが、伊藤のバックハンドに貼った表ソフトラバーでの変化に苦しんだ鄭怡静にミスが出て11-8で伊藤が3ゲーム目も連取した。

4ゲーム目、お互いにロングサーブから大きなラリーに持ち込もうとする展開が続く。激しいラリー戦の中でも巧みに緩急をつけて戦った伊藤が11-8で4ゲーム目を取って勝利に王手をかける。

5ゲーム目、引き続き巻き込みサーブから得点を重ねる伊藤。相手のロングサーブにもしっかり対応し、安定感のあるプレーで5ゲーム目も獲得し、伊藤が勝利をおさめた。

1ゲーム目を取られてからも、冷静さを失わず貫禄を感じさせる試合運びで勝利を勝ち取った伊藤。試合後、伊藤は「オーストリアの人々は応援が暖かくて毎回試合が楽しみです」と笑顔で語った。

勝利した伊藤は続く準決勝で、早田ひな(日本生命)と銭天一(チェンティエンイ・中国)の試合の勝者と決勝進出をかけて対戦する。

詳細スコア

〇伊藤美誠 4-1 鄭怡静(チャイニーズタイペイ)
3-11/11-8/11-8/11-8/11-8

文:ラリーズ編集部