写真:ドイツオープンでの伊藤美誠(スターツ)/提供:ittfworld

<ITTFワールドツアー・オーストリアオープン 2019年11月12日~11月17日>

大会4日目を迎えたオーストリアオープン。女子シングルス決勝トーナメント2回戦が行われた。伊藤美誠(スターツ)と佐藤瞳(ミキハウス)の日本人対決が実現し、伊藤が勝利し準々決勝へと駒を進めた。

貫禄のカット打ちで伊藤が勝利




写真:香港オープンでの佐藤瞳(ミキハウス)/提供:ittfworld

伊藤と佐藤は、韓国OP、スウェーデンOPと今年のワールドツアーでは2度対戦があり、いずれも伊藤が勝利を収めている。

今回の試合も伊藤が、カットマンの佐藤に対して見事な攻めを見せた。緩い山なりのループドライブで揺さぶり、少しでも浮いた球はフラット気味にスマッシュで叩くプレーで佐藤を前後左右に動かす。また、難しいボールに対しては無理をせずツッツキで対処し、簡単なミスをしない。守備型の佐藤は、伊藤のミスを誘おうと懸命に粘りを見せるが、リスクを負って攻めざるを得なくなった。

佐藤もデュースでサービスエースを奪うなどして第1ゲームをものにするが、第2,3ゲームは伊藤のペースになり、2-1と伊藤がリードを奪う。第4ゲーム、佐藤もバックドライブなど見せ場を作り、10-9と先にゲームポイントを奪う。しかし、伊藤がサービスエースで追いつくとそのまま逆転し、第5ゲームは伊藤の独壇場。11-1で第5ゲームを制した伊藤が準々決勝進出を決めた。

勝利した伊藤は、韓国の田志希(チョンジヒ)とチャイニーズタイペイの鄭怡静(チェンイーチン)の勝者と準々決勝で相まみえる。

詳細スコア

〇伊藤美誠 4-1 佐藤瞳
11-13/11-5/11-4/12-10/11-1

文:ラリーズ編集部