写真:U7合宿 リーグ戦の様子/提供:株式会社スヴェンソンホールディングス

15日、卓球選手の早期強化を目的とした「日本卓球界初U-7卓球選手育成事業“未来のメダリスト”第二回特別強化合宿」が開始した。合宿は、17日までの3日間行われる予定で、男子8名、女子14名の未来のホープがしのぎを削る。また、卓球だけでなく、ダンスを取り入れたレッスンも行われる。

このページの目次

1 合宿初日、リーグ戦が行われる2 合宿は残り2日間3 参加者一覧3.1 男子3.2 女子4 試合結果4.1 男子4.2 女子(1日目)

合宿初日、リーグ戦が行われる




写真:U7合宿/提供:株式会社スヴェンソンホールディングス

合宿初日となった15日、リーグ戦、卓球トレーニング、ダンス講習が行われた。

リーグ戦で1位になった選手は、①2020年度ホープスナショナルチーム選手となる、②2019年度ホープスナショナルチーム合宿に参加するという2つの権利を得ることができる。まだまだ若いU7の選手がしのぎを削った。男子リーグ戦で全勝し1位になったのは、薄根卓球の原澤駿太。女子リーグ戦は、2日間に分けて行われるが、初日を終えて1位に立っているのは松島美空(田阪卓研)だ。




写真:U7合宿 ダンスレッスン/提供:株式会社スヴェンソンホールディングス




写真:U7合宿 ダンスレッスン/提供:株式会社スヴェンソンホールディングス

合宿は残り2日間

2日目も初日と同じ流れで合宿は行われる。女子リーグ戦は試合が残っており、順位が決定する。日本の若きホープが一堂に会するU7強化合宿はまだまだ続く。

伊藤美誠や平野美宇など10代から世界ランキング上位に入る選手が増え、低年齢化が著しい卓球界。世界トップ選手を育成すべく、アスリートの早期強化体制が確立されていっている。

参加者一覧

      

男子

太田風志(大野クラブジュニア・福井・小1)
岡田蒼空(OKATAKU・兵庫・小1)
木原寿馬(ALL STAR・兵庫・幼)
柴田優星(STライトニング・富山・幼)
清水寛生(ウエタク・岐阜・小1)
原澤駿太(薄根卓球・群馬・小1)
森内奏羽(長崎JTC・長崎・小1)
横田颯(ネクサス・愛知・小1)

女子

五十畑寿音(卓桜会栃木卓球センター・栃木・小1)
神田玲(芝原クラブ・岐阜・小1)
小西紅偉(WEILAI・埼玉・小1)
小船円(ゆのき卓球クラブ・長崎・小1)
真田晴羽(美崎クラブ・愛知・小1)
嶋田紗和(W.T.C・新潟・小1)
武山紗子(相模原ジュニア・神奈川・小1)
寺田蘭(ヴィスポことひら・香川・小1)
西川椿姫(津幡クラブ・石川・小1)
橋本葵(偉関TTL・茨城・小1)
松島美空(田阪卓研・京都・幼)
峯いちほ(イトウTTC・香川・小1)
山本祐菜(インフTTS・広島・小1)
渡辺柚月(W.T.C・新潟・小1)

試合結果

男子

1位:原澤駿太(7勝0敗)
2位:岡田蒼空(6勝1敗)
3位:柴田優星(5勝2敗)
4位:横田颯(3勝4敗)
5位:木原寿馬(3勝4敗)
6位:森内奏羽(2勝5敗)
7位:清水寛生(1勝6敗)
8位:太田風志(1勝6敗)

女子(1日目)

1位:松島美空(7勝0敗)
2位:峯いちほ(6勝1敗)
3位:五十畑寿音(6勝1敗)
4位:渡辺柚月(6勝1敗)
5位:橋本葵(5勝2敗)
6位:小西紅偉(5勝2敗)
7位:山本祐菜(4勝3敗)
8位:武山紗子(2勝5敗)
9位:真田晴羽(2勝5敗)
10位:西川椿姫(2勝5敗)
11位:嶋田紗和(2勝5敗)
12位:寺田蘭(1勝6敗)
13位:神田玲(1勝6敗)
14位:小船円(0勝7敗)

文:ラリーズ編集部